海外子育て

イギリス

船の生活⑫ ズレ?天然?それとも…?

先週の金曜日。 あまりにお天気が良くて...午後からお迎えに行かなければならない時間まで、キュ―ガ―デンで本でも読もうと公園の入り口にいたら、隣人さんにばったり遭遇。2人の子供がいるシングルファーザーさん。 明日は子供たちが来るから、キューでプレイデートしようよ!... と、こちらもいい天気に浮かれている様子(笑)😆😆😆 明日は雨の予報だったよな~?wとか思いながらも、こちらの人って結構雨でも外で遊ぶよな~、と思い。 いいよ~!じゃあ、明日彼らが到着したら、連絡ちょうだ~いと、お返事👍 実は島の住人の、子供がいる家庭のWhatsApp グループが出来まして。そこで週末のプレイデートやBBQのお約束なんかを流すようになったのです。
0
バイリンガル

日本語のお勉強、再び

昨年9月にロンドンへ渡り、英語の現地校へいきなり入って、頑張ってきた娘。 ママはまだフランスだったし、今まであまり家にいなかった(笑)パパとの共同生活と、一番出来ない言語だった英語での生活スタートでした。 でも逆に言うと... 学校でも英語 家でも英語 という... 今までの彼女の人生の中でこんなに単一言語の期間もなかったんじゃないかと思うぐらいシンプルな言語体系(笑)。
2018.05.102
フランス

バースデーパーティーの準備

娘は4月生まれ。 今年もお誕生日会を準備する季節が回って来ました... 😱😨😱 彼女の希望で、今年もパリで開催。 こちらでは、大半の子供がお誕生日会を開きます(って、もちろん準備するのは、親ですw)。
0
子育てパリ

娘にとって日本語は母国語なのだろうか?

娘は2010年、パリ近郊外のルバロワ市で産まれました。 出生届けは3カ国(笑)。まずフランスで出して証明書をもらい、次いで日本・イギリスと出しました。 国籍は今のところ2つ。日本とイギリス。どちらの国も二重国籍を認めていないので、大きくなったら選ばなきゃいけません。出生地なのでいずれフランス国籍も申請すれば、取得できるでしょう。今のところ、必要は感じてませんが。
0
子育てパリ

子供の日本語教育、わが家の場合

海外に住む日本人ママにとって永久の問題・・・どうやって子供の日本語なり日本文化を維持していくか? 外国に住んでいるからバイリンガルになれるというのは幻想で、すんでいる国の言葉なり文化なりは問題なく吸収していってくれるけど、母国語を維持していくのは、それぞれ子供の能力にもよるにしろ、並大抵のことではない。意識してやらなかったら、どんどん忘れていくし・・・
0