フランス

イギリス

このブログの見た目を変えてみました。

サイトのリニューアルといえば、かっこいいですが^^;修正中です。
2018.10.202
お仕事パリ

ドーバー海峡、船で渡ってみた

初めてのフェリ~ パリに戻るのには車で一人旅。 猫さんたちもいないし、気楽な旅なんで... 行きはユーロトンネル使いましたが、帰りはフェリーを使ってみることにしました。若干だけどフェリーのが安いし。 今回初めて車でロンドン行ってみて。
2018.10.190
フランス

5月1日は

(全然関係ないけど、ハリー王子とメ-ガンさん御結婚グッズが空港にいっぱい売ってました... こんなカンカン、嫌がらせ以外に買う人いるんだろうか...?笑) 今年のメ-デ-は、ロンドンにいた私です。 メ-デーといえば、労働者の国フランスでは大変な意味を持つ日です。 祝日でも営業しているお店は、年々フランスでも増えてきてはいますが... 5月1日は今でも元旦と同じくらいの徹底振りの店じまいです(笑)。
2018.05.100
イギリス

冬の終わりはクレープで祝おう

先週のこと。 ロンドンのスーパーの店頭で、クレープの材料(小麦粉、砂糖、レモン果汁などなど)がてんこ盛りに並べてあって... イギリスでも、「Chandeleur(シャンドラー)」を祝うのね〜と思いました。 英語では「Candlemas」というみたい。 ウィキペディアで調べると、面白いです。 英語とフランス語では、記述が微妙に違います(笑)。
2018.02.034
フランス

まるで小説のような救出劇!

「l'equipe」より 私、いわゆる「山岳小説」と呼ばれる分野の小説、大好きです。 新田次郎とか、笹本稜平。 夢枕獏作「神々の山嶺」なんて、何回読んだことか(笑)! だからと言ってまったく全然、山登りが好きな訳ではないのです(笑)... てか、無理だし。普通の人には(笑)。 こういう小説に出てくる、たかーい山の自然の厳しさ・凍土とかにドキドキするんですよね〜(笑)。 知らない世界のようで(あ、そっか。SF的な読み方してるんだ、私w)。 ところで、小説ににも負けないような、すごい救出劇があったのをご存知でしょうか?
2018.02.012
バイリンガル

フランス語とオ-トフォニストの謎

今日、娘の担任と校長先生との面談がありました。 前回の面談で、他のクラスの子よりもフランス語が遅れているとの指摘を受け、オ-トフォニスト(発声矯正士)に通うよう強く勧められ(言い換えれば強制)・・・今回はその成果についての話し合いでした。
0
フランス

結婚してもしなくても-フランスの制度

私たちはもう10年以上一緒に住んでいて、子供もいるけれど、結婚していなければ、PACS(民事連帯契約)と呼ばれる制度もしていません。 もう日本でも有名ですが、フランスは「事実婚」が多い国で(オランド前大統領もそうでしたね)、私たちの友人にも、結婚しているカップルはごくわずかです。 私自身も。特に必要を感じなかったので・・・今に至ります。
2017.05.170
フランス

パリ、凱旋門ぐ~るぐるな車の運転

パリに来て、日常的に車の運転を始めたのは7年前。 娘が生まれてから。 産休が終わったらまた働くつもりでいた私は、住んでいる市内の保育園に落ち・・・市内には、保育ママさんが、極端に少ない街だということを知り、急遽、隣町の保育ママさんに預けることになった。
2017.05.170
フレンチレシピ

牛肉赤ワイン煮(Boeuf Bourguignon)

先週 友達が来た時に、飲み残してしまった、すごくいいワイン。 目につくところへ置いておいてくれたら、私がすぐに消費したのに(笑)。 旦那さんが冷暗所に仕舞ってしまったものだから・・・すっかり忘れてしまって、飲み頃を過ぎてしまった。あ~あ、もったいない・・・!
2017.05.170
フランス

フランスの飯はうまいのか?

ロンドンと比較してみます。 結論としては、やっぱりおいしいと思います(笑)。 フランスのすごいところは、ちょっとその辺の、ひなびたビストロに入っても、そこそこおいしいお料理が出てきちゃう所だと思います。何もたか~い星付レストラン行かなくても、おいしいフランス料理はそこここで食べられます。
0
フランス

5月1日とデモ

5月1日はフランスでも祝日です。国際デ-といって、世界的に祝日なんですね。 メ-デ-と言えば労働者の祭日というイメ-ジ。フランスは今、大統領選挙戦の真っ最中ですが、毎回1次選と2次選の間にメ-デ-が入ります(選挙は5年に一回ですが)。そしてこの日はパリで大規模な労働組合主催のデモ行進があります。
2017.05.030
フレンチレシピ

ヨ-グルトケ-キのレシピ

4月は娘の7歳の誕生日でした。 たまたま今年は学校の春休みと重なり、南仏に住むグラニ-&グランダッドの家に一人で遊びに行ってしまったので、週末のお誕生日の日に私も合流。家族でささやかなお祝いをすることになりました。 グラニ-(彼のお母さん)はバリバリのキャリアウ-マンです(つい去年まで現役でした!)その分、家事とかはそんなに好きではないらしく・・・
2017.05.030