冬の終わりはクレープで祝おう

先週のこと。

ロンドンのスーパーの店頭で、クレープの材料(小麦粉、砂糖、レモン果汁などなど)がてんこ盛りに並べてあって…

イギリスでも、「Chandeleur(シャンドラー)」を祝うのね〜と思いました。

英語では「Candlemas」というみたい。

ウィキペディアで調べると、面白いです。
英語とフランス語では、記述が微妙に違います(笑)。 “冬の終わりはクレープで祝おう” の続きを読む

まるで小説のような救出劇!

「l’equipe」より

私、いわゆる「山岳小説」と呼ばれる分野の小説、大好きです。
新田次郎とか、笹本稜平。
夢枕獏作「神々の山嶺」なんて、何回読んだことか(笑)!

だからと言ってまったく全然、山登りが好きな訳ではないのです(笑)… てか、無理だし。普通の人には(笑)。

こういう小説に出てくる、たかーい山の自然の厳しさ・凍土とかにドキドキするんですよね〜(笑)。
知らない世界のようで(あ、そっか。SF的な読み方してるんだ、私w)。

ところで、小説ににも負けないような、すごい救出劇があったのをご存知でしょうか? “まるで小説のような救出劇!” の続きを読む

おもちマンはかわいいお話だった。

毎週のようにお世話になっている、Watermans Arts Centres (笑)。
もういっそのこと、メンバーズシップ入っちゃおうかと何度も考えてます(笑)。
(そのうち入るでしょ(^^)。多分…)

ハーフタームにも、色んなアトリエとか企画してるし(今回はまたパリに来ることになりそうなので、利用できませんが)、こういうセンターが近くにあって本当にラッキーだったなと思います。

さてさて、今回は子供向けシアター。 “おもちマンはかわいいお話だった。” の続きを読む