日本語のお勉強、再び

昨年9月にロンドンへ渡り、英語の現地校へいきなり入って、頑張ってきた娘。

ママはまだフランスだったし、今まであまり家にいなかった(笑)パパとの共同生活と、一番出来ない言語だった英語での生活スタートでした。

でも逆に言うと…

学校でも英語
家でも英語 という…

今までの彼女の人生の中でこんなに単一言語の期間もなかったんじゃないかと思うぐらいシンプルな言語体系(笑)。 “日本語のお勉強、再び” の続きを読む

#あたしおかあさんだから?

娘がロンドンに行ってしまって、はや数ヶ月。

久しぶりに彼女が戻ってきた先週は、何だか忙しいけど懐かしい日常が戻ってきた感じがしてました…

今、こうやって。例えばDALFの試験の準備をしたりしてるけど。

これはやっぱり…娘が遠くにいるから、やる気になったんだと思う。

あの、去年までの…ほぼほぼワンオペの、朝から晩まで走り回ってる毎日だったら…多分挑戦してないんじゃないかな~? “#あたしおかあさんだから?” の続きを読む

子供時代の友達

娘のハーフタームが始まりました。

去年の秋休み、クリスマス休暇はフランスと同じ日程だったのですが、このハーフタームからは、このあと全ての休暇がずれてます。

おそらく、フランスの学校は6月末で学校が終わってしまうのに対し、イギリスは日本並みに7月中旬まであるせいでしょうか?
イギリスはこのハーフターム、イースターの休暇の上、もう1つのハーフタームが6月頃入るみたいですね。
フランスはそれがないので、1〜2週間ずつ遅れて休暇が来る感じ。 “子供時代の友達” の続きを読む

初めてのハ―フタ―ム・秋休み

10月23~29日の週はロンドンの学校、ハ―フタ―ムで秋休みでした。

娘がパリに戻ってきていました。

フランスも秋休み(Toussaints)だったので、前の学校の友達と同じCentre de Loisirs 「ソントル」と呼ばれる、フランスの学童のようなシステムに登録しました。

基本的にお休み中の子供たちを預かってくれるシステムで、市が公立学校などの場所を借りて運営し、そこで繰り広げられる様々なアトリエのほかにも、プ―ルや、映画館、レジャ―センタ―などにも連れ出してくれたりする、子供にとっては夢のような所(笑)。娘も断然、学校より大好きです(笑)。 “初めてのハ―フタ―ム・秋休み” の続きを読む