英仏の違い 宗教と教育

娘がロンドンで通っている学校は、チャーチ・オブ・イングランド というキリスト教の学校です。

でも、旦那は特別 宗教に思い入れがある訳ではなく…どちらかと言うと懐疑的。

義理両親は 娘が産まれた時、娘に洗礼を受けさせたかったよう。
私も別に意向はなかったので、旦那が子供の頃通っていたというイギリス系の教会(シャンゼリゼ近くにあります)にアポ取って、神父さんのお話を夫婦で聞きに行ったのですが… “英仏の違い 宗教と教育” の続きを読む

バイリンガル教育と差別の心

先日のお雛様パーティで、同じコミュニティの女の子が9月からレセプションに入ると言う話を聞きました。

レセプション」というのは、小学校の準備学年みたいな位置付けのよう。

フランスには、この制度無いので… よく分からないんですけど… 日本やフランスより、小学校に入るのが1年早いみたいです。

それで、そのママとこの地域の学校の話になりました。うちも去年色々探してたから、まだ記憶に新しい。 “バイリンガル教育と差別の心” の続きを読む

二重国籍が許されたら

… って考える海外在住者は多いと思います。

私は今のところ、フランス国籍もイギリス国籍にも興味ないですが…

でも今後… 親を亡くしたりして、日本にしがらみがなくなったとしたら…?

その時自分がどう思うかは、本当に分からないくらい…
海外生活が長くなってきた & 日本が遠くなってきた… と感じます(笑)。 “二重国籍が許されたら” の続きを読む

ケータイ、どうしよう?

毎週末、ロンドンに移動してます。

一応、毎回 国境を越えている訳で… 不便な事も多々あります(笑)。

🇬🇧こーんなに近いのに言葉が違うとか(英語も勉強せにゃ〜…)。

🇬🇧通貨が違うとか(散財しがち)

🇬🇧パスポートがハンコだらけになっちゃうとか(毎回押される)。

でも、意外にも 不便さを感じない事もあります。 “ケータイ、どうしよう?” の続きを読む

おもちマンはかわいいお話だった。

毎週のようにお世話になっている、Watermans Arts Centres (笑)。
もういっそのこと、メンバーズシップ入っちゃおうかと何度も考えてます(笑)。
(そのうち入るでしょ(^^)。多分…)

ハーフタームにも、色んなアトリエとか企画してるし(今回はまたパリに来ることになりそうなので、利用できませんが)、こういうセンターが近くにあって本当にラッキーだったなと思います。

さてさて、今回は子供向けシアター。 “おもちマンはかわいいお話だった。” の続きを読む