ハウスボ-ト

イギリス

船の生活⑬寒い朝

冬がはじまるよ 一昔前のマッキー(笑)ではありませんが... 船生活での冬が始まりました。 ずばり.... 寒いです(笑)。昨年も過ごした旦那から、聞いていたとは言え... 私は、大阪の片田舎の一軒家で育ちました。 だからと言って素敵な古民家に住んでた訳ではなく(笑)、山だった場所を切り開いて出来た新興住宅地に、両親が家を買ったのです。 当時... ほんとに初期の入居者だった我が家は、隣家も少なく空地だらけ。そのせいか温暖な大阪でも、冬は至極寒かったのを覚えています。寒い自室の、ぬくぬくの布団を出るのが嫌で(笑).... 早朝に母が起きてストーブをつけてくれた暖かい居間まで降りていくのが、本当に億劫だった。お風呂場とか、トイレも寒かったな~。 船の生活は、そんな子供の頃を思い出す感じ(笑)。 というのも。長かったパリ生活ではアパートでしたので、基本的にセントラルヒーティング。 ...
0
イギリス

大好きだったブログに再会

ブログとの出会い まだ、住む場所(ボート)を探していた頃... イギリスで暮らすって?ボート生活ってどんな感じ?、との情報の方も日々探していました。 2016年の今頃でしょうか? そんなころに出会ったブログが...「イギリス貧乏ボート生活」という名で、まさにテムズ川でボート生活をされている日本人の方のブログでした。 私がこのブログを見つけた時点で、すでにこの方はボート生活を終え、このブログも書き終わっていらした様子。 ボート購入から最後に売ってしまうまでのお話は、ホントに小説のようで.... もう夢中になって、一気に読んでしまいました。出てくる登場人物(友人さんたち)もみんな味があって、感情移入してしまうし.... 笑いあり、涙ありの素晴らしい7年間のボート生活を綴っておられました。 この方はナローボートを購入され、停泊所を持たずに生活していたとのことで、頻...
2018.11.230
イギリス

船の生活⑫ ズレ?天然?それとも…?

先週の金曜日。 あまりにお天気が良くて...午後からお迎えに行かなければならない時間まで、キュ―ガ―デンで本でも読もうと公園の入り口にいたら、隣人さんにばったり遭遇。2人の子供がいるシングルファーザーさん。 明日は子供たちが来るから、キューでプレイデートしようよ!... と、こちらもいい天気に浮かれている様子(笑)😆😆😆 明日は雨の予報だったよな~?wとか思いながらも、こちらの人って結構雨でも外で遊ぶよな~、と思い。 いいよ~!じゃあ、明日彼らが到着したら、連絡ちょうだ~いと、お返事👍 実は島の住人の、子供がいる家庭のWhatsApp グループが出来まして。そこで週末のプレイデートやBBQのお約束なんかを流すようになったのです。
0
スポンサーリンク
お仕事パリ

高速バスでドーバー海峡渡る

ロンドン、先週は強風の日が続くなあ〜と思っていたら、今週一気に温度下がりましたね。 旦那が、ちょうど先週デイーゼル油を注文してました。船の暖房に使う為です。 船にどうやって供給するのかと言うと、デイーゼル船が来て給油してくれます。 こんな感じね。 うちの場合は、満潮時じゃないとデイーゼル船も来れないので、満潮待ち(笑)。 金曜日に来るって... ずっと待ってたのに来なくて(水位低かったから?)、土曜日、旦那がいない時に来て... マジであたふたしました😱😱😱 だって何リットル頼んだのか、いつ頼んだのか、そもそも給油口はどこか(笑)? なーんにも聞いてなかった。 そんな時に限って、電話にも出ない💢
0
イギリスレシピ

船の収穫祭③青じそと赤じそ

収穫話、第3弾です。 夏の間、我々の船の先頭を飾ってくれていた紫蘇の鉢。 9月に入ってからも青々(赤々?)としていたのですが、ネットで調べると段々葉が固くなっていくそうで... 枯れる前に食用に向かなくなるそうです。
0
ハウスボ-ト

船の収穫祭② えだまめ

昨年、パリでピーナッツの苗を近所の植木屋さんで見つけました。 まるっとした葉っぱが可愛くて、思わず買ってしまいました。 本当にピーナッツがなるのかな〜?と思いつつ、プランターに植えて玄関の脇へ。 だんだん暖かくなってくると、小さな可愛い黄色い花が葉っぱの奥に咲いてきて、これもまた愛らしい♡
2018.09.210
ハウスボ-ト

船の収穫祭① トマトと大根

「ハウスボート」って、なんとなく... 川辺にのんびり佇み、お花が沢山咲いたプランターが所狭しと並んでいる感じを想像しませんか? 我が家が引っ越した船も、元のオーナーさんが色々咲かせていたようです。 引っ越しの際に数鉢の植木を置いて行ってくれました。ハーブとか、小さな花の咲く灌木類。でも少し寒々しかったので(笑)、まずはチューリップとか植えたりして。
2018.09.100
ハウスボ-ト

船の生活⑪ 夏のあとの悲しい失踪

長い長い5週間の夏休みが終わり、娘の学校が始まりました。 それに合わせ... 学校の始まる前々日に、フランスからイギリスへと戻ってきた私と娘。 パリ1週間、東京2週間の、南仏マントン2週間という... (移動が多いけど・汗)なんとも贅沢な夏休みを過ごした娘です。 長い間会っていなかったパリの友達や、日本の家族。いつも大事にしてくれる義理両親の住むマントンと... あちこちで、楽しい思い出を作ってきた娘ですが... とびっきり寂しい別れが、ロンドンで待っていました。
0
お仕事パリ

今のところキッチンワーカー(笑)

ロンドンへ移って、1週間が経ちました。 テレワークの仕事も始まって、手探り状態... なんか、パートタイムになったのに、買い物行く時間もないくらい忙しく感じる。 まず何よりまだ私のデスクがないので、台所の片隅で仕事中(笑) ここ。冷蔵庫の上が私のオフィス(笑)。 いや~、別に仕事しながら夕ご飯の準備が出来るんで、便利といえば便利かな~?(^^)
0
ハウスボ-ト

船の生活⑨ 娘の誕生日パーティー

娘、今年2度目の誕生日パーティー(^^) 船でやる事になりました。 急にロンドンでもやる事に決めたので、招待状もバタバタと作り、わたしは週の間いないので、娘に学校で渡すよう指示をし、パリに戻りました。 娘の話では全員渡した、という事なんだけど... 出欠の返事が全然来ませんでした。
0
ハウスボ-ト

船の生活⑧ 春と共に自然を感じた

なんだか、真夏のように暑い週末でした。 2週間ぶりのロンドンだったのですが...パリとの意外な共通点を、1つ見つけました! 暑い日が続くと、きゅうり🥒が売り切れる!(笑)
0
イギリス

船の生活⑦ テムズ川の潮汐

またまた寒さがぶり返した週末でした。 ひと冬で、こんなに雪を見たのは、在仏長い私でも初めてかも知れません。 でも... 3月に突然、グッと寒くなるのは、「givré de mars ( ジヴレ ド マルス 3月の霜立 )」と言って、割と毎年ある事です。 フランスは農業国だからかな? こういう季節季節に起こる気象現象に名前がついてたりするんですよね。
0