16時間断食ダイエット

ダイエット

コロナの話題が続いたので、今回はちょっとダイエットのお話を…

ロックダウンで外で飲む機会がなくなると痩せるか?

そんなうまくはいきませんでした…(笑)

もともとロンドンには友達いないから、そんな飲み歩いていたわけではないし(笑)。逆に出歩かなくなると、つい間食とか…だらだらとお茶のおともにチョコ食べちゃったり…

または有り余る時間を持て余し、作ったことないお菓子やパンを作ってみたり…(苦笑)

昨年夏に毎年定期的に通っている産婦人科医のところで体重計にのったら、ここ数年変わってなかったのに…

3kg増えてました(涙)

だからと言って、めんどくさがりの私はすぐダイエットする気にもなれず… だらだらと同じような生活を続けていたので、

どんどん増加…(笑)

さすがに何かしないと…

ロックダウンの間も太極拳というか…ロンドンで見つけた中国拳法のクラスに通っていたのですが、たまたま先生に撮られた自分の写真に愕然とし(笑)やっとやる気が湧いたのが、パリへ行く直前。

ちょうどいいタイミングだったのかもしれません。

だって家族と暮らしていると「がっつりダイエット」って難しい…!

旦那も娘も四六時中、家にいるんですよ。毎食毎食、ごはん考えて作るだけでも大変なのに… それプラス自分のダイエット食なんて考えられない!

行くときは10日ほどでロンドンに戻ってくる予定だったので、とりあえず自分に習慣づけられたら、戻ってきてもつづけられるかな~と(結局、相当長くいたので・・・習慣どころか効果まで笑)

なぜ16時間断食?

少し前にYoutubeの動画で見たんだったと思います。これかな?

【15分で解説】「空腹」こそ最強のクスリ|1日3食の時点で食べすぎなんです。

「断食は体に良い」というのは前から気になっていたのですが、何日も食べないでいられる自信はまったくない(笑)

そうしたら、この「24時間中の16時間食べないで、8時間は好きにしていい」というメソッドを見つけて、試してみようかな~と思いました。

だって断食の16時間に睡眠時間も含んでよいということは、すごい楽じゃない?

要するに、晩御飯を早めに食べて(夜7時ごろ)、寝て、朝ごはんを抜けば(昼12時からまた食べられる)、簡単に16時間になる。

最初の1週間が大変だ!とたくさんの経験者のコメントをみましたが、私の場合。パリに着いたら1週間の自主隔離が待っていたので…

たくさん寝てればいいじゃん(笑)

そんな感じで、やる気があるのかないのか…(笑)。まあでもかなりやばいとこまで来てたので、覚悟を決めてパリへ出発しました(笑)。

車でパリへ出発したので、ロンドンから食料もある程度買いこんでいきました。それプラス、パリの友人がアパートの冷蔵庫へ生鮮食料品を買っておいてくれたので… 着いた早々スーパーにもいかず、アパート直行・誰にも会うことなく隔離生活を始めることが出来ました。

「最初はしんどい」との事だったけど、最初の3日ほどは家にこもりっきりで動かないせいか、それほど空腹も感じませんでした。それに水分(もちろんカロリーオフですが)は取れるので、お茶ばっかり飲んでたな(笑)。

割と2~3日で朝食べないことには慣れました。そういえば高校生ぐらいの頃って朝ごはん食べてなかったな~(時間なくて・笑)と、うっすら思い出したり…(何年前の話や~~~)

朝ごはんを食べないってことは、ごはんに時間を取られないってことでもあり… これが意外とはまった。私はどちらかというと、朝の方が集中できるので、時間を有効に使えるのはとてもありがたい。作る(準備する)時間と食べてる時間、そして後片付けと1時間ぐらいは短縮できるし。何食べようとか考えなくてよいので、すぐやりたいことが始められる^^

そして「運動したら、おなかが減って辛いかも?」と、そろそろ始めた太極拳や気功も、空腹を紛らわせてくれる効果があったりして、がっつり運動しても、お昼過ぎまで食べなくて全然大丈夫でした。

意外とできる?

と、自信を持った1週間目(笑)

そんなこんなで隔離が終わり、待ちに待ったパリの友達と会ったり、以前通っていた太極拳の仲間と公園で練習したりと、自由に動きだしたのですが…

そのころのパリは、まだ夜間外出禁止令が出ていたころ。

友達と遊んでても夜6時には家に帰りついてないといけない。

と、いうことは「7時までに夕食を終える」というのも、比較的簡単に達成できる(笑)。だって、レストランでディナーとかの誘惑ありえないし(笑)。いつも一人で食べることになるので、軽めな夕食を心がけて、なんと真面目に遂行してました。今から思えば(笑)。

パリで流行中

そして驚いたのが、

このダイエット、パリの私の友人の中では大流行中だった(笑)。

日本人の友達も、フランス人の友達もみんな知っていて、すでに実践している人も多かった!

フランス人の友達で実践していた人は、太極拳の友達ですごいスリムな人。ダイエットしなくていいでしょ?って感じなのですが、彼女は健康のためにやっていると。

へえ、じゃあ体重は変わらないんか?

「そうよ~、体重を減らすためじゃなくて、体調がとてもいいから続けてるの!」

実は… 自分も体重計乗って薄々気が付いていたんですけど…

このダイエット、つらくないのはいいけど…

体重は全然減らない!!!(私はね)

世のブログなどを見ると、「10㎏減りました!」とか「1か月で3㎏減量!」とか…減る人は減るみたいなんですが。

私は最初の2か月ほどは、体重に関しては微々たる変化しかありませんでした(涙)。

でも、フランス人の友人が言うような「体の軽さ」、私もすごく感じました。

このダイエットは、胃や腸を休ませる時間を作る時間を作ってあげることで細胞を活性化させることが出来るとのこと。確かに睡眠の質が良くなった感あるから寝起きからすっきりしているし、お通じも順調。

体調の良さは、ダイエット開始の初期から、とても感じることができました。

それに、たいしてつらくないのも相まって、続けられたんだと思います。

ロンドンに戻ってからは?

そんなこんなで。パリにいる間は、ほとんど体重は減らず、でも気持ちがいいので続けていたのですが… ロンドンに戻り、家族と生活がリスタートすると、

やっぱり続けていくのが難しい

まず、旦那のリモートワークや、娘の習い事の関係で、夕食を7時までに終わらせることはすごく困難。

そして、自分は食べなくても家族の朝ごはんは用意しないといけないので、なんか「朝の時間を有効活用」メリットもあまり感じない…

まあ、自分のリズムでは生活出来ないよ。

なので、ルールを緩めにしました。晩御飯は遅くなってもいい。でも朝ごはんは食べない。

とても16時間にはなりませんが(笑)、あと日課に追加したのは、「食べたものを毎日メモること」

今はいろんなアプリがあって、携帯でメモることが簡単にできますよね^^

こうすると意外に、間食が減りました。パリにいたときは、食べれる8時間の間は、気にせず好きなもの食べていたので^^;

カロリー的には結構、摂取してたのかもしれないな~と。

パリは美味しいもの(カロリー高いものw)たくさんあるし(笑)。お酒も(友達と飲むと)美味しいし(笑)。今考えると怖いwww

ロンドンへ戻ってきて、ほぼ2か月がたとうとしていますが

なんと2㎏減りました!

まだまだ、コロナ前の体重には遠いですが(笑)

や~~~っと結果が出てきたので、ちょっとモチベーションが上がりました。

とりあえず夏までこのまま頑張りたいと思います!

コメント