イースターホリデーにあった色々なこと

ロンドン子育て

Brexit に振り回された休暇の予定

さて。イギリスの学校は4月の頭からイースターまで2週間のバカンスでした。我が家ではその間に娘の誕生日があり、古巣のパリでお祝いしたいという娘の願いで、そのうちの1週間パリへ行きました。

出発したのは4月12日。EU離脱予定の日(笑)。今でこそ延期が決まり、すっかりだらけた感ありありですが(笑)、このパリ行きを決めた頃はマジどうなんの?!って感じの緊迫カオス状態。

我が家はフランスで使っていた車をロンドンでも乗り回していたのですが…どうも、「合意なき離脱」になっちゃったら、フランスの免許証で運転している私の免許証は?フランスナンバープレートのうちの車は?(ま、こっちは大丈夫かな~とは思ってたけど)などなどが心配になり…

いったん車をパリに戻そうか?

と旦那と話していたのです。そのぎりぎりの日が12日。国際免許証は、パリで申請してあるのですが…時間がかかる(7週間とか)ので、まだ届いてないし。

と言う訳で12日にロンドン出発、20日に娘と高速バスで戻ってくる予定を組んでいました。

でも、出発2日前の10日に延期が決まり…

車で戻ってこれたんじゃん!!!

脱力感、パない(笑)。しかも延期が決まったとたん、離脱は話題にも上らなくなるお気楽さ(…笑)

しかし… この責任感のなさというか、ギリギリ・ロックンロールだぜ~的なジェットコースター政治。

イギリスって…

うちの旦那みたい(笑)!

「こいつちょっと変わってるぜ~」と思ってたけど、それってイギリス人の性格なだけだったんだろうか?

まあ、いいや。

イースターホリデー

お誕生日を祝うと言っても、同じ4月生まれの子たちと、近所の公園でお誕生日ピクニックをしただけ。

少し肌寒かったけど、良いお天気で楽しかったみたい。ちょっと早めのエッグハントもして。

近所の公園とは言え、Jardin d’Acclimatation は動物もいれば(ヤギとかラマとかロバですが…)、アトラクションもある(地味ですが…笑)ちょっと遊園地チックな公園です。対象年齢低めですがね~(笑)。多分3~8歳ぐらいが一番楽しいんじゃないかな?12歳ぐらいになったら、多分もう物足りない感じ。

Page d'accueil | Jardin d'Acclimatation

今お気に入りのアニメにちなんでケーキも焼きました。中はレインボー(4層)にしたんだけど、写真撮り忘れた~!

みんなでろうそく消します。ケーキが沢山並んで壮観!

みんな大きくなったよね~!

この誕生日ピクニックは3~4年ほど毎年やっているので… なんとなく自分の子だけでなく、みんなの成長を感じて感慨深い。

フランスの子供たちはまだバカンスじゃなかったので(イースターの後)、平日は、学校の終わった午後から遊んでもらいながら楽しく1週間を過ごしました。

フランスのセキュから招待状

9歳で、歯科検診の招待状がフランスの保険から来ていて(私の保険に加入しているので、まだ加入したまま)ちょうど良いので行ってきました。

そしたら、まだ歯も生えそろっていないのに~「歯科矯正」した方が良いと言われました! 下の前歯が斜めって出てきてると。まあ大人の歯が出てくるんだから当然、子供のあごには大きすぎ。それを無理やりか矯正するんですね。今から。

ま、ホメオパシーと一緒で、フランスでは超一般的な歯科矯正。小さいときから始めるのは知ってたけど…もう?検診した歯医者さんは歯科矯正はしていないとのことで専門科を紹介されましたが…

どうやって通うよ?(笑)

無視しようと思ったけど(笑)、娘はすごく乗り気。仲良しの友達(フランス)が去年からしてるからかな。綺麗な歯並びがいいって…

フランスだと、幼少時なら保険がかなり効くらしいのでみんな子供のうちに矯正しちゃうらしいのですが、イギリスはどうなんだろう???

旦那に聞いても、「分からない、イギリスではあんまりやんないと思う」って言われちゃった。

どうしてもならフランスのセキュも任意保険も使えると思いますが(まだ払ってるし)、その為に娘をパリに連れてくるの~?って経費かさみすぎじゃない???

まあ、とりあえず夏休みにでも、予約が取れたら詳細だけでも聞いてみるか?と思ってますが…

島の住人と本気のエッグハント

そんなこんなで…名残惜しいパリを後にして、ロンドンに戻った私たち。

そんな私たちを迎えてくれたのは、島のパパさんが本気で作ったトレジャーハント式卵狩り(笑)

なんと、ストーリー仕立てになっていてですね~(笑)。当日、子供ら全員にイースターラビットから手紙が…

「海賊に追われてるから宝物をに隠したよ!みんなで見つけてね!」的な。うちらのシチュエーション、ドンピシャじゃないですか…(笑)。

島や船のあちこちにヒントが隠されていて、それらを追いながら、バラバラの地図を集めていくと、お宝(卵チョコね笑)の入った宝箱の場所が見つかるという…

宝箱見つけてやった~!ってなったけど、鍵がかかっている?!(と言った手の凝りようW)

今度は鍵のコードを探して島やら船やらあっちこっち走り回る子供たち。

無事に暗号まで見つけて、卵ゲット~~!!!

2時間程(!)、子供らを惹きつけたこのゲーム考えたパパさん、マジですごい。しかも、大きい子が出来ること、小さい子が出来ること、ちゃんと考えて作られていて、忘れられない卵狩りになりました(笑)。

最後の休日はなじみのキューガーデンで

バカンス最後の月曜日(祝日)はキューガーデンで遊んで、真夏のような(イギリスのね)お天気の週末を満喫しました。は~、楽しかったね。

ママ的には、これで通常運転へ戻る安心感が(笑)…

や~っとバカンス終わったぜ!!!(笑)

コメント