船の生活⑭ 畳を拾いました(笑)

ハウスボ-ト

新年早々

年が明けてすぐのことです。私たちの停泊している島には、木製の船の修復アトリエがあります。そこは広さもあるので、小さめのコンテナー(3~4平米くらいの)が数個置いてあって、それを貸してるんですね。アトリエとして。

ナイフの職人さんや、木工細工でカップやなんか作ってる人とか、絵を描く人とか… なんかいろんな人が借りてる訳です。

新年だからかその日、大掃除をしていて。家賃を滞納したまんま姿を消した人が借りてたコンテナーの中身を処分していました。修復アトリエの入り口のところに山積みしてあって、「欲しいもんがあったら、持ってって~&捨てたいものあったら、ここにおいて~」的な伝言が(笑)。

そこで、見つけたんです。何に使ってたか不明だけど、ほこりだらけ、毛羽立ちまくりの畳が二つ…

最初見た時は「汚すぎ。無理だわ」って、即思ったんですけど…(笑)。

でもうち、前から旦那と船の一部に畳入れたいね~って話してたんです。6畳間ぐらい作りたいな~って。

うちって割と人が集まる家なんです(笑)。なんでか知らんけど、週末になるとお隣さん大集合みたいに2週に一回くらいの割合でなっちゃうし。そうでなくても、友達とか訪ねてくるし。その割には、椅子も机もそろってなくて(汗)。いつも床にクッションとか置いて、苦し紛れ…

なら、いっそのこと畳でいいんじゃん?ってのが、私の意見だった(笑)。畳ならどこ座ったって気持ちいいし(欧米人にはつらいかもだけど)ビーズクッションとかあれば、それなりに座れるじゃん。今は座椅子のすっごいのもあるしね。

なので、畳の値段を見てみたら…

Futon On Line Tatami, 200x90x5.5 cm: Amazon.co.uk: Kitchen & Home
Futon On Line Tatami, 200x90x5.5 cm: Amazon.co.uk: Kitchen & Home

……結構するじゃ、ありませんか。6畳買ったら600ポンドか…..(プラス法外な送料)。

ま、でもそのうち、そのうち。

なんて言って、一年過ぎました(笑)。

そこへ、ボロボロとは言え、畳2畳…

旦那も「とりあえず、どんな感じか置いてみるだけでもいいんじゃない?」って。

半日かけて、掃除。ひえ~~~~大変だった!

まず、バンバンたたいてほこり落としてから、掃除機かけまくり。毛羽立ち、カミソリで落として、固く絞った雑巾で拭いて(真っ黒になった)。ペンキもところどころについてたから、それもカミソリで落として。最後、殺菌の気持ちも込めてワイパーで拭いた。

でも、日本の職人さんてすごいな~と思った。こんなの直したり、張り替えたりして使いこんでいくんだよね~。今は結構使い捨て感覚で、家買ったら畳入れ替えたりしちゃうのかもだけど。

たった2畳だけど

船に入れたら、反り返ってたので、とりあえず床に置いてみた。

結構しっくりなじんでない?(笑)

モノの10分もしないで、反りは直って(畳って意外と重いのね)。あっという間に娘の遊び場になっちゃった。

玩具や人形で遊ぶのにはちょうどいいらしい。お絵描きやパズルもここで広げてやってる。

家にいる時は、ほぼ畳の上で生活するようになった娘(笑)。ここどこ?みたいな(笑)。やっぱ楽なんだね~、床の生活って。

また畳って床よりもやっぱり靴で上がるのためらう様で。我が家のお客が、しっかり靴脱いでくれるようになりました(笑)。ちょうど入り口近くに置いたので(笑)。

いや~。いいじゃん。しかもうちの船、屋根が木だから…

なんかすっごく、日本家屋な感じ(笑)。

理に適うし、夢が広がる

まあ、この畳はホントにボロボロだし、シミとかもあるから。本当に畳を入れると決めた時は、6畳ちゃんと必要な分買うつもりです。ただこの2畳のおかげで、畳のよさを実感!

・船は屋根が低いので、床に近い生活をするのは理にかなっている。

断熱材としてもいい感じ。ラグとは違って掃除もしやすいし。

・来客の際には、布団さえあれば寝具にもなる!(日本の敷布団がほしいw)

ちょっと、夏ぐらいまで様子見て考えたいと思います。

コメント