大英博物館

イギリス

校外学習 School trips についていきました。

娘のクラス、今エジプト文明について学習している為、本物を見に行こうと大英博物館への校外学習がありました。

さくっとモノホン観に行けちゃうとこがすごいよな~(笑)イギリス!

実は私… フランスにいた時は、校外学習などの学校の行事に参加したことありません(汗)。

もちろんのこと平日なので、有給を取らないといけなかったのもあるし(フルタイムだったからね)。それにフランスは一時期、テロの影響で校外学習自体が自粛されていた時期もあったし… 今はもうそんな事ないと思いますが。

今回は時間が取れたし、娘も「来てほしい~!」と騒いでいたので、(言葉も出来ないのに・失笑)引率としてついていきました。ボランティアの親が最低2人必要とのことでした。

娘が学校で先生に言って、お迎えの際に先生から「よろしくお願いしま~す」と言われただけの、超軽い感じで決まったのですが(笑)。何にもサインとかしなくていいの?注意事項とか?

… 何もなく😱😱😱
アバウトな感じで当日になってしまいました(笑)。

お弁当持参

娘からは、「お弁当がいるんだよ!」と言われて。

….イギリスのお弁当ってどんな?

日本式のお弁当でいいの?と聞くと、ピタパンのサンドイッチがいい~と希望があったので、2人分のお弁当を用意。あとは唐揚げと卵焼き(定番)に果物。

特にデコ弁にしないで、2人分普通のタッパーに入れました。可愛いお弁当しようにも… 道具はすべてパリに置いてきたまんま(苦笑)。100均で買った小さなフォークだけあったので、添えておしまい。

あとは娘が持っていきたい~と騒いだスナック菓子と、丸い赤い蝋に包まれたチーズ「バビーベル」(笑)。

なんなんだ?フランスにいた時は嫌いだったのに~。単に包装されてる蝋で遊びたいだけみたい…(笑)

ちなみに学校へ着くと、先生が「ではパックランチ配りま~す」とな?

あれ? 娘もサンドイッチもらってるし!

「だって~、ママのサンドイッチが良かったんだもん!」😁😁😁

こら~!!!だましたな!!!(笑)自分の分はあるんじゃん!!!

(引率ボランティアの分はないので、どのみち私の分は作らなきゃだったけど)

当日、子供たちと電車で移動

フランスだと、バスを借り切っての移動が主流だと思います。…が、今回は市営バスとチューブ(地下鉄)を使っての移動。

引率は27人の生徒に対し先生含め3人の大人。

…そんな移動を引率するには…大人、すくなくな~い?(笑)

って思ったんですがね。先生が問題児(というか、娘の話によく出てくる悪戯しがちな子たちW)を一手に引き受け(笑)10人担当。私は女子9人担当。もう一人のボランティアお父さんが、聞き分けのよさそうな男子8人担当。

という感じで、出発から博物館内での行動も含め、担当の子たちを中心にお世話する体制でした。急にそんな9人もの子の顔おぼえんの、おばちゃん大変なんですけど(汗)。

とはいえ、子供たちはやっぱり仲良い子たちとつるむから、博物館内ではもう、ごっちゃごちゃでしたが(笑)。

小学生のグループが公共の交通手段で移動するには、かなり長い距離でした。なんたって、うちはロンドン西校外。中心地まで軽く1時間はかかります。

案の定、子供たちは興奮気味(笑)。バスも電車もうるさい、うるさい(苦笑)。よく周りの人たち我慢してくれてたな~と思います。表立って嫌な顔してる人は一人もいませんでした。先生が何回も「静かに~!」ってまわってましたが、聞かないね(笑)。

あと、イギリスの子って本好きなのね~。

この校外学習にも本を持ってきて、バスや電車に乗るなりカバンから出す子が沢山いてびっくりしました。友達とわいわい言いながら読んでる子もいれば、一人でがっつり集中してる子もいる。本が身近なんだな~と感心しました。

残念ながら、うちの子は乗り物に弱いので…移動中に本読んだりゲームしたりは出来ません。なるべく外の景色を見るようにしてます。

私もあんまり強くないから、似ちゃったのかなぁ。ごめんよ娘🙏

大英博物館到着、最初は

さて、博物館についたのは11時過ぎ。

学校見学用のスペースがあるんですね。びっくり!

エントランスホールから階段を下りて地下に行くと、ロッカーが立ち並び、大きなテーブルが設置してあり、トイレがあるスペースが。

トイレの前もゆったり空間があって、子供たちの出入りを見とどけやすい感じになってました。

まずコートを脱ぎ、おトイレを済ませて手を洗う。それから荷物をロッカーに入れたのですが、そんな事してるうちにもうお昼の時間になってしまったので、まずランチ。

大きなテーブルに、みんなで座って食べました。

みんなのランチをのぞいてみると… 学校のパックランチ以外にも、お菓子やジュースを持ってきている子がいっぱい。

まあ、学校でもらったサンドイッチは何の飾り気もないチーズサンドかターキー。チーズかターキー以外何も入ってないし… (笑)。学校のパックランチじゃない子のお弁当も、基本まっしろな食パンにチーズかなんか挟んだだけの、シンプルなモノでした。

うちみたいに色々入れているところは皆無…

でも、皆楽しそうに食べてました(^^)。

娘が欲しい~って言ってたスナック菓子持ってきてる男の子が2人いて、人気なのね~と思いました。不味かったけどね(笑)。

さて、嵐のようなランチタイムのお片付けをし、こっから本格的に博物館見学です!

いざ!…. という時に。

女子一人がゲロゲロ~(-_-)

ウエットティッシュ持っていてよかったです(笑)。(私のグループの子ではなかったのだけど)放心状態の彼女の洋服とか手とか拭いて、先生が聞くと「一緒に行動する」と言うので、そのままグループに。

いろんなハプニングがあるもんだ。

館内の見学

9月からコツコツと学習してきたエジプト文化。本物を前に、子供たちのはしゃぎ様は可愛かったです^^

石棺の中にミイラがいる~!!!と大騒ぎの女子たち(笑)。… が、展示が先に進むとマジリアルミイラが展示されていることを、この時はまだしらない(笑)。きゃっきゃ騒いでたコたちもリアルミイラの前では「夢見そう…」と引き気味(笑)。

みんな先生から小冊子を渡され、その中の質問に答えなくてはいけないのですが… その質問の内容が、結構難しく… 説明書きをきっちり読まないと答えられないモノばかり。

娘が聞いてくるので、わかる範囲で答えてると、他の女の子たちもみんな集まってきて… 英語力の低い私、焦る・・・(笑)

うちの子はyear3からの編入なんで、やっぱり読んだり書いたりする力は弱い。

だからこの冊子難しいなぁと思っていたけど、他の子の回答見てみると…

娘同様わかってない子も結構いるのか?という印象(笑)。

それ程遅れている訳でもないのかなあ…?(標準とは絶対言えませんが)。

同じくボランティアだったもう一人のお父さんは、サクサク自分で指示して進めたいタイプとみた。先生の指示を仰ぐことなく、勝手に色々段どってて、のんびり子供たちと戯れている私が若干うざそうな感じでした(^^;)

いいじゃん、美術館てのは出来るだけ自分のリズムで回らなきゃ、何にも感じないんだよ!

結局、2時間ほどの見学のあと、なが~い帰路に着きました。行きは混んでいた電車も帰りは空いていたので、みんな座れて、また元気におしゃべり!

学校に着いたときにはぐったり疲れてましたよ… 毎日この喧噪の中にいる先生って、ほんとすごいなあ(笑)。

最後に印象に残った石像

可愛いお顔のスカラベくん(笑)

娘のお気に入りは

アヌビスくんというのですね(笑)勉強不足でした。

 

 

 

 

コメント