ハーフタームとハロウィーン

お仕事パリ

学校が秋休みだったので、娘を連れてパリへ

先週は、イギリスの学校は秋休み。私も仕事の関係でパリに行かなくてはいけないし、フランスの市の経営する学童に入れることが出来たので、娘も連れてパリへ車で出発。今回もフェリーを利用しました。

ちなみに、フェリー往復がおよそ140ユーロ。それにガソリン代・高速代等合わせて、二人で約240ユーロくらいの交通費。このくらいなら、ユーロスターや飛行機でも事前に探していれば、あったかもしれない。まあ、今回は現地で車が必要だったので、車で行きましたが… 乗車人数が2人くらいだと、車で行く経済的なメリットはあまりないですね(汗)。

パリの学童は4日間フルで入れて、22ユーロ(安いよな~。イギリスに比べると…)

でも… よくよく考えてみれば、何のかんので250ユーロ近くかかっているわけで。

それだけ出せば、イギリスでもホリデースクール的なのに余裕で入れれるんじゃないの?って、気が付いた(笑)。わざわざフランスまで行かなくても(笑)。

でもね、娘もフランスの友達に会いたがって、指折り数えてホリデーを待っていたし…たまにはいいかな?と。

ロンドンの学校では、いまちょっと寂しい思いをしている娘。

と、言うのも。娘の一番仲良かったお友達が、遠くへ引っ越すことになってしまって…

ホリデー前にほぼ決まっていたので、学校の最終日に一緒に近所の室内パークの Snakes&Ladders へ行って思い出作り。最後のバイバイして、翌日私たちはパリへ立ちました。

そんなこともあってかな?パリの昔からのお友達に心のよりどころを求めているようにも感じられました。

 

出発の日は、朝ロンドンを出たものの… フェリー、時差、渋滞などなどで、パリの家に着いたのは夜8時過ぎ。

一人で運転した私は、ごはん作る気力もなく、娘を連れて近所のマクドナルドへ(笑)。

そしたら、誰がいるでしょう!娘の親友の男の子が、お父さんと一緒にマクドに入るところ!

娘は大喜びで、着いた早々お友達とはしゃぎまくり(笑)。今回は、そんな感じで割と即興的に娘の友達に会う事が多く、そのたんびに「久しぶりだもん!遊びにおいで~」と招待され、学童のあとも毎日遊び歩いていた娘(笑)。私も仕事の合間にセッテイングに振り回される(笑)、忙しい一週間でした。

一応、最終日の金曜日の夜に、移住前は毎年うちでしていたハロウィンパーティーを開催。

このためにロンドンから沢山パンプキンを運んでいた(笑)!だって、ロンドンの方が激安なんだもん(笑)。

毎年作る、ハロウィン・クッキー

むか~し、むかし。私が40の大台にのった誕生日(笑)に、旦那さんに、イタリアのベニス旅行をプレゼントしてもらったことがありました。すごく素敵な街で、毎日沢山歩いて、沢山食べて飲んで(笑・イタリアの良いところ!)そんな中でふと目に留まった商店が、ハロウィンのお菓子道具を売っていました。当時は、フランスではまだまだそんなグッズ見かけることは珍しくて… つい、クッキー型をたくさん買ってしまいました。

それから、毎年ハロウィンになると、それでクッキー作るのです。

ちなみにレシピはクックパッドで見つけたもの。本当はクリスマスクッキーのレシピなんですが(笑)、このスパイスの入ったクッキーが、我が家はみんな大好き。これなら(いつまでものこらず)みんなつまんでくれて、必ずなくなるので… もう、クリスマスもハロウィンもコレ一辺倒(笑)。

私も、「クッキー作り」の中で、一番嫌いなのがバターの撹拌… あの、白くなるまで、柔らかくなるまでかき混ぜるヤツ…

このレシピだと、砂糖・シロップ・スパイス類を温めて、バターを溶かし入れ、人肌に冷まして小麦粉を加えるという超簡単なもの。それでサクサクのクッキーが出来るので、ほんと、重宝しています^^

ご紹介したいのですが、実は膨大なクックパッドのレシピから見つけられず(私はメモったものを毎年使っているので…)・・・たしか北欧のレシピだったと思います(汗)。

今年は大量に作って、娘と遊びに来ていた彼女の友達にデコレーションしてもらいました。

子供の発想って面白い

沢山の色のアイシングを作って、「はいどうぞ~!!!」って渡したらみんな喜んで始めてくれた。

みんな一生懸命やって、かなり個性的なのが出来たと思います。

パンプキンは私が一つやって、みんがマネした感じ。形だけだと、最初なんだか分からなかったようです(笑)。

蜘蛛の巣もしかり。ま、私はパッケージを見たから知ってるけど、確かに分かりずらいかもしれません。

そんな中で、お化けの形をみた、娘の友達が「これ、反対にするとに見える~^^」って。

???

私には、全然みえなかった~?

で、彼女の作ったクッキーがこれ↓

白い頭の、ピンクのお耳の羊さん!!!

あ~!こういう風に見えてたのか!!!

すごい~、面白い発想だな~と思いました^^

こうして沢山のクッキーを用意して、他のお友達の到着を待ち、ハロウィンパーティーは大盛況で終わりました。

翌日には、慌ただしくロンドンへ出発。

ハロウィン当日は、島でトリックorトリート

フランスにいた時は、秋休み2週間だったけど、イギリスは一週間しかありません。

今週からまた授業が始まっています。今年のハロウィン、10月31日は週半ば。

島にいる子供たち(の親と・笑)と申し合わせて、仮装した子供たちが島に停泊しているボートを襲いました(笑)。

午後6時過ぎだったので、不在のボートもかなりありましたが(そうよね~、勤め人ならまだ帰ってない時間?)、明かりがついていた船では、概ね皆さん、彼らが来ることを想定してくれていた様子(^^)。

あちこちで怖がってもらえ(笑)、お菓子をもらい、みんな楽しんだようです。

まあ、平日の夜だったので… そのまま解散となりましたが、子供たちはもっと遊びたかった様子。なかなか帰りたがりません(笑)。

今週末はどのみちガイ・フォークスだから、みんなでバーベキューするよ~!となだめすかして、帰途につきました。

 

こ~んだけ、遊んでも遊び足りないのかい?娘よ(笑)。

おんなじくらいの情熱で、もう少し勉強の方も進んでやってくれるといいのですがね~~(苦笑)。

来週はイギリスの学校の担任の先生との面談があります。日本語補習校も、もうすぐ授業参観

なんだか、次から次へと、やること目白押しで…

気が付いたら、秋も深まり… なんだか冬の到来が近づいているロンドン。

私にとっては初の、ロンドン船の冬がやってきます。

 

 

 

 

 

コメント