いろんな人がいる~今週で退職する営業ウ―マンのこと

お仕事パリ

繁忙期なのに忙しくない一日

今日はお仕事日なのですが… フィードバックが中々戻ってこず、待ち時間長し。

何故だろう???ってスケジュール表みたら、今日立ち上げのブース案件があった。

 

現場か…

 

どうりで…誰からも電話もメールもこないと思った(笑)!

唯一… どうでもいいような案件で山のようなメールを送ってくるのは、

今週で退職する営業のおばちゃん…

退職というより、正確には「クビ」…

フランスでは、Période d’essaie (ペリオッド・エッセ)と呼ばれる試用期間があります。役職や職種によって期間が異なりますが、1か月から3か月くらいの期間、本人も会社も合わないと思ったらすぐ辞められる(辞めさせられる)時間があります。

フランスの雇用制度は、どこまでも被雇用者よりなので(苦笑)どちらかと言うと会社の方が、人材を見極めるために設置されたのかと思いますが… 雇われる側も、合わない~と思ったら、退職届提出後のPréavis期間(準備期間とでもいいますか)1~3か月を待たずに退職出来ます。

フランスにもいます、コネ女

この営業のおばちゃん、鳴り物入りで入ってきました。

「この業界のドン」とも呼ばれていた(今のではないですw)人物の、元義理の妹。いわゆる、奥様の妹ということで、この世界に入ってきたそうです。もうこの業界で働いて30年というベテラン中のベテラン… いろんな人や業者さんも知っている。話だけ聞いてると、大きなブースのアテンドも数多くこなしてきたという…

…の筈なのに(笑)

ちなみに「某もと業界のドン」は、私の同じ業界で営業やってる友人が、前に勤めていた会社の社長だったのを思い出し… 彼女に

「ねえ、Mって知ってる?」

ってメッセージを送ったら、速攻で

「近づいちゃダメよ~~!!!」

と、アレート警報が(笑)。

そんな事言われても、同じ会社で仕事しなきゃいけないんだから、どうしようもない(苦笑)。

早速、友人に会って話を聞くと… ありがち~な、「コネで生きてきた仕事の出来ない女」像が浮かんできた。

うちの会社にやとわれる前は個人事業主として、中国人の木工アトリエオーナーと共同運営していたらしいけど、それも立ちいかなくなり、倒産。それで、再びサラリーマンの道を探していたらしい。

けれど、そんなMさんはもう57歳。

昔の強力コネ筋の「某ドン」はもう引退して久しいし、彼女のお姉さんとはすでに離婚している(それで「元義理妹」)。コネも使えず、近郊のブース施工会社をしらみつぶしにコンタクトして、うちに当たったらしいです。

そういう事情を聞くと、素直に

「あ~、大変だったんだな。ここでうまく落ち着くといいね」

と、思ったのですが(友人の忠告に反して)。

実際、本人と仕事してみて、見えてくるのは…

 

この仕事、なめてんのか?!

 

と、叫びたくなるくらいの職業意識の低さ。公私混同。責任感の低さ。他人の仕事に対する認識のなさ…

前の会社で、20歳そこそこの、学校でたて、この業界にあんまり興味な~いと言ってた若い女子営業ちゃんを思い出すことしばし。違うのは、彼女は30年の経験があるってこと!!!ありえん… マジでありえん!

30年間もどこで何をしてきたの???

  • ブリーフィングでは、必要なことの半分も説明できない。資料もたりない。情報も足りない。
  • 追加の情報を頼んでも、全然関係ないことをクライアントに頼んでいる。
  • 良く知っているというクライアントの割には、何も決定できない。かと思うと「クライアントからの依頼」と嘘をついて、プロジェクトの変更をする(あとでばれて、ごまかす)。
  • コンピューター、基本のアプリケーション(エクセル、パワーポイントよ…)が使いこなせない。共有のサーバも自分のファイルが整理出来ず、あちこちにファイルを作って混乱(笑)。
  • 見積書が、かなりあやふや… (これは、この業界ではよくあることですが(笑)、いま改善の対象として取り組んでいる事例)仕様書にあることも、クライアントに渡す見積書に加算していなくてあとで困る(一番困るのは業者さん)。

挙げたら、キリがないくらい…

みんな、彼女と話していると、最後はキレる(笑)。まともに仕事が出来ないからです。

まあ、なんかそんなだったので… このおばちゃん、試用期間後までいるかな~?と個人的には思っていたのですが(笑)。

聞くと、彼女の試用期間は3か月。なが~い!役職付きだと、このくらいなようです。

彼女は「試用期間は落ち着かない」と言ってましたが… その試用期間が更に3か月延長されることに。

…と、いう事は、

社長さん、一応迷ってるんだ。雇うか、雇わないか… (迷う余地はないと思っていましたが・笑)

Mさん、「もう、びっくり。これで採用されると思ってたのに!延長なんて最悪だわ!」って怒ってたけど、私にしてみたら…(笑)

そのまんま、営業職とは言うものの…大したプロジェクトもゲットせず、仕事も相変わらずゆるりゆるりとこなし、更に2か月通過。

試用期間残るところ一か月で社長さんやっと決断。雇用はしませんと通達したそうです。

彼女にしてみれば、超ショック!私は在宅だったけど、すぐメールがきました。いや、そんな親しくないんだけど…社長さんから連絡来る前に来たよ。

まあ、確かに。

決断するのに6か月は長いよな~、ちょっと酷だよな~と思います。

もっと早く通達してあげたら、彼女も他の会社をもっと早く当たれたのかな?とは思います。

けど、反面、彼女の仕事の仕方はどこへ行っても変わらないんでしょう。 

私の友人が言ってたけど「Mを雇う会社はないわよ」って。一緒に6か月仕事した今なら、よくわかります。逆に6か月仕事したおかげで失業保険は受けられる筈だから、そう考えれば人道的ともいえる(そこまで社長さんが考えてるとは思わないけど)。

私がいる会社は、家族経営で社長家族以外は若干人とも思っていない節があるんですが(笑)

そういう面で、私も何回も会社とぶつかったことがあるから、会社の対応もいいとは思えないけど・・・

人生いろいろ、この歳になって感じることもある

でも彼女。

57歳ってことは、もうすぐキャリアも終わる訳です。

こ~んな仕事出来なくても、30年間仕事してきたんだ…キャリアウーマンだったと、孫に自慢する日が来るんだろうか(笑)。

なんか、人生いろいろ… としみじみ考えます。

 

まあ、人のことは言えませんが(笑)。

私だって、今のとこ「デザイン」の仕事してますって胸張って言えるほどのモノ作ってないもんな~~。

そんな私だって、今週末でアラフィフの仲間入り…

このままでいいのか、迷う日も多々あり(笑)。

いつか、自分を代表するような仕事が出来るといいのですけどね~^^

 

 

 

 

コメント