ロンドンで太極拳を試してみました。

Pocket

9月と言えば、新学期・新学年!

イギリスに関しては、まだ分かりませんが…

フランスでは子供だけでなく、親たちにとっても9月は新しい年の始まりなのです。

何かって言うと、

習い事

フランスでは、ジムやスポーツクラブ、英会話や、趣味の編み物まで… 習い事全般は9月から始まることが多いです。

みんな、子供と一緒に新しいスタートを!と、ダイエットを始めたり、新しいスキルを学ぼうと… 9月のお教室はホントに人でいっぱいです(笑)。… これが、寒くて外に出るのが億劫になってくる12月、そして忙しい師走にさぼったまんま、行く勇気がなくなった1月ぐらいになると… 人が半減します(笑)。私もいろんな教室に通いましたが、どこもこんな感じ(笑)。

そんな生活が染みついていたからでしょうか? 6月からロンドンにいるものの、大好きな習い事の太極拳については、「夏を過ぎてから… 9月になったらロンドンで探そう~」と自分の中で完結していました。まあ、夏の間ロンドンに居なかったし、ちょうどよかったかな?と。

太極拳のクラブ探し

私がパリで通っていた太極拳クラブには、イタリア・スペイン・スイスには支部があるのに、ロンドンにはありません(残念!)。

パリの太極拳クラブの友人にも「ロンドンでいいところ知ってる?」って聞いて、いくつか教えてもらったのですが… どれも我が家からはメガ遠い…!なぜかフィンチェリーの方に多いんですね。有名な中国人の先生が何人かいるらしいのですが… 現実的に通えそうか?って考えると~…. まあ、無理だわ(涙)。

太極拳と言っても、いくつか流派があり… それに加えて、統一され中国で推進されている24式という簡易的なものもあったりと… 色々なんですよね。

流派がどうのこうの言える程、達者ではないのでおこがましいですが(笑)…. パリで通っていたクラブは、楊式太極拳を習得したWang Wei Go という先生が独自に編み出した太極拳を教えているクラブでした。型よりも動きの理解を大切に教える感じでして… それが言い訳ではありませんが(^^;)、7年も通ったのに、基本の動きはできるものの、概路はあやふやにしか覚えてません(苦笑)。

パリの先生とは、「できる限りは、これからも合宿等で参加していきたい」ことを伝えたら、喜んで!と答えてくれました。でもその為にも、流派とかは気にしなくていいから、ロンドンでもどこかに通ったほうが良いと助言されました。

確かに…

ロンドンに行って、夏休みに入るまで、毎朝一人で練習してましたが…

どうしても自分の癖がついてきちゃうし、ひとりでやってても

おもしろくな~~~い(笑)

やっぱり、どこかで習いたい!と思いました。

しかし、この「流派はどうでもいいから」って言ってくれる私の先生は珍しいと思います。

私がこのクラブに出会う前、いくつかクラブを探したことがありました。その時はどこのクラブへ見学に行っても「前は何流を習っていたの?」って必ず聞かれたもんな~。
別に流派が違ったって、クラブに入っちゃいけない事ないと思うんだけど…

今のところへ初めて行った時に、「初心者か?」「何年くらいやってた?」って聞かれただけで、流派のこと聞かれなかったの、覚えてます。

まあ、少し動いているのを見たら、どのくらい出来るかとか、分かるんでしょうね~。

ロンドンはどんな感じかな~?とみてると、我が家の周りにも結構クラブがありました。チェーン店みたいなのまで、あったりして! 結構ロンドンの方が太極拳人口多いのかしらね~?なんて、思いました。

そういえばパリで探してた時、

中華系の音楽流しながら… まるでダンスのように踊ってたクラブに遭遇したことがありまして(笑)。ちゃんとカンフー服着た(こっちのクラブでカンフー服は珍しいです)中国人ハーフの先生が、なにやら手首の角度に関して優雅に教えてましたが…(笑)

全然、私の求める太極拳とは違うので即却下(笑)。

あとで聞いたら、その先生、毎週日曜日に市長さんと一緒に市庁舎前で太極拳の市民開放デモンストレーションをしているそうで…

政治力は強い先生だったのね~(太極拳は知らん)、と思ったのを思い出しました(笑)。

今回はそういうのに、当たりませんように…(笑)。

とりあえず、同じ「楊式」だという Ealing Tai Chi Classes というクラブにコンタクトとってみました(メールでねっ・笑)。

一番最初の授業はフリーだということで、月・木とやってるけど、基礎的なのは月曜日なので、月曜日に見に来たほうがいいよ~とのお返事がきました。時間は夜の7時半から9時まで。

ようし行ってみよう!

イーリングとはいえ、地図でみるとかなりはずれの方…なんか公共住宅的な団地内のコミュニティセンターみたいなとこ…

ちょっと、夜やばそうだな~~

グーグルマップでこんな感じ…

でも、車も停めれるか分からなかったし。とりあえずバスで行きました。

バスの停留所は片側は人っ子一人いないパーク。反対側も人気の少ない団地…

ちょっと、帰りやだな~と思いつつ、コミュニティセンターへ急ぐ私。

ドアを開けると、男の人が数人「ハロ~」てな感じでとっても気さく。その中にコンタクトを取った先生がいて。

「あ~、あなたね。フランスでやってた人!そうそう、メールもらいました。Tところで。フランスでは何流をやってたの?」

やっぱり、きたか… 笑

一応楊式ですが、初心者ですって言うと「じゃあ、簡単なことから始めましょうか?ブレスXXXって知ってる?」

は?何かな??? 英語?

「知らないか~(ぷっWW)。じゃあ僕らがするのみてて、出来るなら試してみたらいいよ」

… 出た~

太極拳あるある「うちのクラブは他とは違うんだぜ」的な上から目線~(笑)。

みてたら、Ki-Gong 的な呼吸法の一種みたい。もちろん、習ったことないから、上手くできません。^^;

パリのクラブでは、呼吸とは別に「気」の移動を出来るようにと練習していたので、逆に呼吸を意識してるとうまく動けない。

でも、私の動き方を見て、ちょっと態度が変わった先生(笑)。私の方もクラスのメンバーの様子を見てみたけど、パリの初心者クラスとそんな変わらん(笑)。おかげでちょっと緊張がほぐれて動きやすくなった。

なので、あとは気にしないで自分の知ってる感じで動いて、汗を流しました^^久しぶりに人と一緒にやる練習の楽しかったこと!!!やっぱり誰かを相手にやるのは全然ちが~う!

 

それにしても、太極拳のクラブって、どうしていつも

超フリースタイルのおじいちゃんがいたり(やってる歴はすごく長いのに、超自己流の解釈でやってるので全然うまくない・笑。でもやってる歴長いから、いろいろ指導してくれるんだけど、うれしくない)

超理論的なおばあちゃんがいたり(すべて説明しないと、そして頭で理解しないと動こうとしない。話してる間、練習が止まってしまうので、ちょっと迷惑)

超気の弱そうな親切な青年がいたり(なんか人生損してそうな草食系男子。フランスにもイギリスにもいるのね~)

かと思うと、他のマーシャル・アーツから流れて来たかんじの超暑苦しい系男子がいたり…

「太極拳」を習いたがるタイプって万国共通なんですかね~(笑)。日本でまだ試したことないのですが、いっしょかな?

英語で習うことも、どうかと思ったのですが… やったことあるモノだからか、それほどハンデにも感じませんでした。別に理論分からなくても、見てたら分かるし(笑)。言葉で説明できるものではない分、言葉がハンデにならないのかな?

先生も、振り返ってみれば悪い先生ではなかった。最初はちょっと馬鹿にしてた感じだけど、授業の最後では「ぜひまたおいで!」と言ってくれましたし^^

太極拳の教え方としては、パリのクラスとそれほどずれている感じはしなかった。もう、全然許容範囲だと思いました(ダンス太極拳に比べれば・笑)。授業料もパリと変わらない。

来週は旦那の出張と重なるので、ベビーシッター見つけないと行けませんが…

頑張ってみよっかな~と思ってます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA