船の収穫祭① トマトと大根

Pocket

ハウスボート」って、なんとなく…

川辺にのんびり佇み、お花が沢山咲いたプランターが所狭しと並んでいる感じを想像しませんか?

我が家が引っ越した船も、元のオーナーさんが色々咲かせていたようです。
引っ越しの際に数鉢の植木を置いて行ってくれました。ハーブとか、小さな花の咲く灌木類。でも少し寒々しかったので(笑)、まずはチューリップとか植えたりして。

春が来てからは、プランターで育てられる野菜を、色々植えてみました。
日本から持ってきた種がほとんど(笑)。

青しそ
赤しそ
枝豆
大根
トマト

などなど(笑)。

んで、水やり+肥料、欠かさず頑張ってました。
今までパリでは、トマトは毎年植えてますが、苗買ってきて植えてたので、種からは初めて。
それに、トマト以外の野菜は、みんな初めて。

トマトは種植えの時期がちょっと早かったので、私はまだ週末通いの頃。
芽が沢山出て、間引かなきゃいけないのに、娘が嫌がり(可哀想〜って😩)

ワサワサのまんま育ってしまった(笑)

枝が絡まりまくりで… こんもりと、上に重心がいってしまったので、鉢が倒れることもしばしば… (汗)

実も出来ないかな〜と正直思ってましたが、ちっこいビー玉ぐらいのが沢山なりました(笑)。

ちなみに… 夏休みに入る前は、私が世話していました。が、夏休みは私も娘も、5週間まるっとロンドンを離れることが確定し…

野菜たち、死ぬな… 

と、確信しました(笑)。うちの旦那さんは、猫の世話だって超適当なのに(w)…  植物の世話なんてする訳ないわ。

残念だけど、仕様がない。

きちんと計画立てて植えなかった自分が、
5週間の間一度のロンドン帰りも予定に入れなかった自分が悪い。

まあ、ダメ元で、「植物に時々水やってね~」とは声かけして出発しましたが、期待してなかった(笑)。

意外や意外、と言うかご近所さんも気をつけてくれていたみたいで(笑)。

一番繊細だった花の寄せ植えが壊滅しただけで、あとはほぼほぼ無事でした。

… と、言う訳で、トマト

あまりに小さいし、何度も床に倒れて、下に落ちてしまっているのも拾ったので… 生食は? と思い、ドライトマトにしてみました。

120度のオーブンで1時間くらい焼いた後、天日干しを丸一日。
こちらも我が家で採れたローズマリー(元オーナーさんの残していってくれたもの)と一緒にオリーブオイルに漬け込みました!

どのくらいかな?
トマトの香りがオイルにうつるくらいで、ちょっとパスタなんかに使ってみたいな〜と思います(^^)

天日干しの最中に近づくと、トマトの甘酸っぱい香りがふわ〜って漂ってて… 幸せな気分になりました(笑)。

出来が楽しみ〜☆ です!

大根の方は、以前ツイッターで知った「米袋で栽培法」やってみました(笑)。
10kgの米袋に土を8分ぐらい入れて、種を蒔きます。
芽が出てきたら1袋に3〜5株ぐらい残して、育てました。

大根って、摘んだ芽はサラダで食べられるし、コスパ高い!

ただ、野菜を育ててみて思ったのは…

人間様が好きなものは、虫も好き

って事(笑)。

花よりも顕著にやられました。

特に大根は… 蝶々の卵&幼虫との果てしない戦い… でした。

取っては、産み付けられ… の繰り返し。
気をぬくと、幼虫が数十匹単位でウゴウゴ葉っぱを食べてて、ハゲチョロにされてしまーう!

虫類が苦手な私にとっては、かなり苦痛な作業でした。

マジ、めげた… (笑)。この時は「もう来年は、大根いらない」って思いました。

夏があけて、生き残った大根くん。

米袋でこのくらい育ちました。

お店で買う大根の1/3くらいですが(笑)。
でも我が家の大根〜(^^)

とりあえず、大きい方は、シチューに投入(カブの代わりに)。

小さい方は、日本で買ってきた「ゆず漬け」に。

皮と葉っぱもよーく洗って、キンピラになりました。

… やっぱ、大根ってコスパ高いわ(笑)!

とりたての大根はシャキシャキしてて、美味しかった〜。
シチューに入れたのも、ほっこり美味しかった。

大根は米袋3袋分植えたので、まだまだあります。

次は、茅乃舎の出汁使って、ふろふき大根してみよう!

もう虫も来ないし(笑)

しばらく楽しめそうです。

via PressSync

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA