DALF C2 試験結果…

Pocket

6月に受けたDALF試験、結果は4週間後とざっくり教えられていました。

7月半ばごろ、「そろそろかな~」とサイトを見てみるけど情報はなし…

この、Institut Françaisのサイトが分かりずらくて(涙)。やっと見つけた情報は、

結果は8月8日にこのサイトで発表。メールや郵送で結果が送られることはないですよ、とのこと。

なので夏休み真っ最中… 日本滞在中にその日は来ました。

結果は…

 

>< 残念ながら~X ><

 

でした(涙)(涙)(涙)(涙)(涙)

ダメだったか~~~!

そうじゃないか、と思いつつ… 一縷の望みに託していたけれど

落ちちゃった…

 

覚悟はしていたので… ショックでしたが、それ程ダメージは受けませんでした。

まあ、20年近く住んでて仏系会社で15年も働いてて、この結果って~と自分が恥ずかしい気持ちもありますが…*苦笑

出題内容難しかったし、かなりアカデミックなことを要求してるのかな~?と、途中気が付いたのもあって。

あの日、私を含め5人受けたうち、3人は受かった模様。全員の受験番号は分からないけれど、多分落ちたのは私ともう一人、結構年齢のいった女性だと思う。

その結果発表のところに、3月の受験者の分もあったのですが(繰り越しになっちゃったので結果発表みてなかった)、こちらは誰も受かってなかった!

やっぱり、狭き門ってことなんでしょうか…?

3月の時は、すでに翻訳者として働いている人も受験していたのに対し(かなり話せる人だった)、今回6月の受験者はみんな英語で話してて、あんまり仏語話者って感じではなかったのですけど… それでも受かっている人は受かっている。

一つ不満なのは、点数結果は受かった人にしか渡さないそうで… それって意味なくない? だって、受かったのなら、ぶっちゃけどんな点数でもいいじゃん!

受かってない私としては、どこが足りなかったのか知りたいよ~。

たしか、フランスで受けた人は落ちても結果受け取っていたようなブログを拝見した気がするのですが…

とりあえず、Institut Françaisに談判してみようかな~とは思ってます。受験料半端ないのに、そのぐらいの手間惜しまないでほしい(笑)。

 

今後、どうする?って話ですが。

とりあえずフランス語はこれで一回、脇に置いときます(笑)。悔しいけどしょうがない。

来年か、再来年。

時間ができればもう一回挑戦するかも?

でもその時はやっぱり試験対策系のクラスに通ったほうがいいかな~と思いました。独学で頑張って、多分レベル的にはそう遠くないところにいるんだとは思うのですが、試験対策が足りてなかったのかもしれない。もう一回あの試験を受けるんだったら、今度は惜しまず、きちんとした学校行ったほうが良いかもな~とは思いました。

9月からは、マジで英語と向き合っていきます(笑)。

しかし、試験ってミズモノ…

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA