イギリス生活が始まり…

Pocket

はや、一か月がたとうとしています。

例年なんですが… 今仕事が忙しい

フランス特有の「バカンス前にとりあえずプロジェクト上げとけ」ラッシュが始まり… どんどんコンペやプロジェクトの依頼が来るのですが…
その殆どは9月頭まで真面目に検討される事はない(涙)
どの会社でも7〜8月に交代でみーんな1ヶ月位のバカンスへ出るため、ほぼ2ヶ月全員が揃わない= 何も決定出来ないが、9月から始めると時間なさそうだから… とりあえず今、外注さんにはやっといてもらおう!的な思惑…
なので、どんどんどんどん仕事こなしても、終わらないし… 返事もどうせ来ないのは分かっているので、虚しいい努力(笑)。

ま、そんな感じなので、パートタイムとは名ばかり(笑)。
今のところ、ほぼフルタイムで働いてる… でもその代わりと言うか、娘の送り迎えで毎日16時頃に中断。その後、公園で遊ばせてるから、17時半位まで休んでるし、その後は夕食の準備したりしながらで、ちょこちょこと就寝まで進めてます。

でも、このスタイル

仕事とプライベートの境が曖昧だけど、私にはすごく働きやすいスタイルだな〜って思う。

3Dをしてると、どうしてもレンダーの待ち時間(3Dのイメージをコンピュータが計算してる時間)があって。
その間は別の事するぐらいしか大して進めないのですよ。コンピュータはフル回転してるから、それしてる間に他の3Dは作れないし。

そう言う時にちょこッと家事出来るのが、すごく嬉しい😊😊😊

洗い物だったり、洗濯だったり、どれも5分〜10分の事ですが… 前は出来なかったもんなぁ。

それに寝るまでに準備して、寝てる間にレンダーする技も使える^^(似たように就業時間までに準備してレンダーかけて帰る技は前から使ってましたが、今のが時間に縛られないで準備出来る)

家事だって、ゆっくりできる。パリでは、19時頃に娘と帰宅からではとてもやり切れないので早朝(5時起き)に家事してたわ😫😫😫
今はその時間で太極拳のトレーニングできる(まだ続いてます)。

前までの会社では、デザイン部はオープンスぺースだったけど、他の部とは別だったので、音楽ガンガンかけてました(笑)。今のところは社長だけ個室だけど(でも常にドアはあけっぱ)、営業もみんな一緒のスペースにいる。邪魔になるとかで、仕事中に音楽を聴かなくなって久しかった。

別にイアフォンして聞けばいいんだけど(インターンの子とかはみんなそう)、電話に結構頻繁に出る私には、ちとめんどくさい。

今一人なんで。90年代ポップとか(笑)ラジオとか、かけ放題(笑)。やっぱ、音楽あるほうが仕事進む♪

Rudimentalというイギリスのグループが久しぶりにハマった~!

船の生活も、大変なこともあるけれど(ブラックタンクとか・笑)、毎日テムズ川の潮汐を感じたり、ちょっと顔を上げると川面が揺れていたりして癒される。
鴨の親子も、いつも同じグループが徘徊しているのを知った。サギみたいな首の長い鳥が、干潮の水たまりに等間隔で並んでエサを狙っているのもよく見かける。
週末は近所の子たちと、島の先端にある森で基地を作ったり、鬼ごっこをして遊ぶ娘。その為に木を切ってくれる隣人たち。
何にもないけど、豊かだなぁって思う。

ま。ここまでは「パリとロンドンの差」というより、どちらかと言うと私の生活の変化ですが(笑)

一か月たった今、私が感じた英仏の差は以下のところ(笑)

① スーパーの違い

一主婦として(笑)… この違い、大事!

イギリスのスーパーは開店時間長い!

近所のモリソンズは、平日7時~11時(日本並み?!)日曜日も(時間短いけど)開店。フランスは近くのモノプリ、確か9時~9時半だったように記憶… んで、日曜日は開いてない。

野菜、お肉はロンドンの方が安い気がする。ポンドとユーロの差(確か1.2倍ぐらいの差あり)で、そう感じるのか?と思ったけど、豚フィレ肉とかフランスでは10ユーロ前後する塊が、2ポンド程度って… どう考えても紙幣価値の違いだけではないわな(笑)。ひき肉もいろんなひき肉売ってるのが便利。フランスは牛だけ。つくねとか作ろうと思ったらアジア系お店行かないとだけど、こっちでは普通に売ってますね。

あと、モリソンズだけかも?なのですが。野菜とか果物のパック売りがフランスに比べて多い。これはちょっと不便… 量り売りのが無駄が出にくいし、資源ごみが少ない。パリの時と比べて、リサイクルごみの多いこと。

イギリスのスーパーって、「2個買ったらXポンド」的なプロモーションが多い(笑)。そういえば!そうそう、そういうプロモって、スーパーの会員カード持ってないと使えなかったりするのが、フランス!イギリスはカードなくてもOKですね。逆にカードの有効性がいまいち良く分からない?ポイント貯めるだけ?

日常品にそれほど違いは感じないですが、何とな~く… 小麦粉の質が若干違う気がする。イギリスのは粘りっけが強いというか… グルテン感じる(笑)。フランスと日本の小麦粉は違うって、以前パンやお菓子を作るのが上手な友達に聞いて「へ~~」って思ったことありました。そこに気が付くほど、小麦粉使ってなかった私(笑)。

あと、デザート類は絶対フランスのがいいわ~、私(笑)

チョコとかは断然フランスのが濃厚で美味しいと思う。キャラメル系のって苦手。甘いケーキもいまいち。ショートブレッドとかもバタくさくてダメ~。全体的にイギリスのお菓子って乳臭いか(笑)、人工香料臭いか(ゼリー系)。レストラン行っても、食べたいものがない…

パンも、食パン以外は食べないほうがいいな… イギリスは(笑)。

必然、肉・野菜類を主にシンプルに食事を作る日々。焼いたり、煮たり。日本の調味料使うことが多くなりました(日本食と言えるほど、頑張ってないが)。

②車の運転の違い

右側通行。でも道路標示なんかはフランスより断然分かりやすいと思う~!
無法地帯のフランスから来るとびっくりなのが、渋滞しても交差点がブロック状態にならない事(笑)。

フランスだと
どう考えても前が詰まってて、青信号のうちに渡りきれないのは分かっていても交差点に突っ込むのが、常識(笑)。停車してると後ろの車からクラクション鳴らされます。1cmでも進めよ、と😩
当然、信号が変わると交差点に取り残され… 反対車線も通れなくなり、大渋滞へとなるのが通常。頭わるーと思う。

イギリス
交差点の向こう側にスペースが空いてから進む!歩道の部分を空けてても、誰もクラクション鳴らさない(笑)!
なんて紳士な国!(いや、日本でも常識よね)

あと…イギリスは(何故か)運転中にイラついてるのは、女が多いな〜と言う印象(笑)。何回か、優先順位が分からず、交差点でもたついてたり、制限速度で走っていたら(違反切られたくないし)、後ろから煽られたのは、女ばっか。
フランスだと、そう言うのは圧倒的に男なんですけど…(ないとは言わない)

③ 学校について

とにかく保育が高い!「アフターケア」と言う、学校が終わる15時半〜17時45分の保育が、娘の学校では1日10£!
5日行ったら50、1ヶ月で200かかるって事?!フランスなら、それより安い値段で1学期まるっとみてくれるよう〜(涙)。
とりあえず、アフターケアなしで、私が仕事中断して迎えに行き、帰宅してから仕事の続きをしてます。
ただ、朝はやっぱり仕事始まりで色々連絡もあるし、フランスとは1時間時差あるので、ブレックファーストクラブと言う、8時から学校の始まる8時45分まで見てくれるのに入れてますが… これも1時間もないのに1日4.5ポンド… 高杉!

だからかな〜?イギリスは働いてないお母さん、多い気がします。てか、働いてないのか?働いているのか???3時半のお迎えにお父さんが来てる事も多い。
仕事の縛りが緩いのかな?イギリスって🇬🇧???

フランス人、働かねーって有名だけど、こう言う所で見ると、結構勤勉じゃんって思う(笑)。

写真は学校のすぐ横で行われた、運動会もどき(笑)。前々日ぐらいに告知あって、仕事があったのでちょこっっとだけ覗きに行きました。フランスでも現地校であったけど、親はなしだった。
こういうののオーガニゼーションみてると、日本てホントすごいなと思う(笑)。

今週末には一旦、パリ戻ります。
久しぶりのオフィス…
友達に会えるのも楽しみ(^^)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA