Tique(マダニ)に噛まれた!

太極拳の合宿から帰って来ました。

もう5年目なので、慣れてはいるものの… やっぱ、翌日に速攻で仕事始まるって… ツライ… (笑)。

でも、今年は帰ってきても一人なだけ、まだ楽かなぁ…

いつもだったら、容赦なく翌日から娘の朝ごはん→ 着替え→学校への送り迎え、というタスク追加だもん(私がいる限り、疲れていようが病気だろうが、旦那は一切手を出さないので)。1時間半は睡眠時間プラスされてる(笑笑)。

だから、優雅に遊ばせてもらえたし、全身筋肉痛だけど、これはどうせ1週間ぐらいは痛いだろうから(笑)、まあいい。満足。

後は、この4日間かなり頑張って練習した成果を落とさないよう… 自分で地道に続けていけたらなぁと思います(すぐ忘れちゃうんだけど…)。

自分的には、反省点や 今後の課題がいっぱい見えた(まだまだやわ〜!という…)。
身体は硬いし、立ち位置が安定してないし、推手では隙がいっぱい(笑)。合宿には、別のクラブで教えているレベルの人も一緒に参加しているので、自分では見えてなかった事も沢山指摘してもらい、太極拳の奥深さを感じた4日間でした…

でも反面、何人かの人に「あなたのフォームはなめらかでキレイだよ」と言ってもらえたのは、初めてだったので嬉しかった😊😊😊
7年もしてる割には、大して成長してないなあと(週1ペースなんで、当たり前と言えば当たり前ですが…)思っていたけど… 年一回ぐらいしか会わない人が見たら、ちょっとずつは進んでるんだなあって実感出来ました(笑)。

合宿の場所は、ヴォージュ地方の山の中。バカンスには少し季節ハズレの時期なので、私達以外には客はなく… とても静かな環境で、グループだけの密な時間を過ごし… 毎回の事ですが、不思議な絆がうまれるんですよね(笑)。

まるで森に抱かれているような小さな広場でやる太極拳は、やっぱりパリの小さな道場とは違う開放感があります😊

…が、しかしですね。

フランスの森には困ったヤツがいる。

それは、

Tique

マダニ…

ダニ?

… 森にいるダニです。
フランス中、どこにでも生息していますが(パリ近郊の森にもいます)、ドイツとの国境近いこの辺の森は 特に繁殖しているそうです。

動物や人間の血を吸うんですが…

ボレリアという病原体を持っている個体は「ライム病」という、厄介な病気を感染させます。これにかかると、皮膚症状や神経系、異常な疲れや筋肉痛などに突然襲われるそうで、根本的な治療法もワクチンもまだないとか… 超嫌な病気を媒介するマダニ…

… ソイツに刺されてしまいました〜!

こーんなちっこいの(お食事中の方いたらすいません😅)!

ちなみに胸元ですが。色気ゼロのおばちゃんの胸元なんで、恥ずかしげもなく公開します(笑)。

痛みもかゆみもなーんにも感じません。

なので…トレーニングが終わり、皆で食事をし、ハーブ茶飲みながら雑談して、
もう眠いから💤部屋戻る〜って、戻ってシャワーしてたら気がついたという…

いつ刺されたか、さっぱり分からない…😱😱😱

でも多分… 午後のトレーニングの時、暑くなって、着ていたカーディガンを草の上に放り投げて放置してたので… それについてきたのかな〜と思います。だから胸元にいたんじゃないかと。

コイツを剥がすのは、素人には結構大変で…(笑)。

私の太極拳の先生はこの地方出身の人なので、この虫を剥がす道具をちゃんと持ってました〜。どこの薬局でも買えるそうですが(笑)

こんなの。

普通のピンセットで抜こうとすると、どうしてもお腹を押してしまう→病原体を刺されてる人間の血の中へ吐き出してしまう事になるので、絶対してはいけないらしい。

上のイラストのように、虫の首の部分に二股の部分を挟み込んで、回しながら抜くのが最良らしいです。

私にくっついていたのは、超・超・小さいヤツだったので、先生すごい苦労してましたが😓… 数十回トライして、なんとかキレイに取り除いてくれました!

専用ピンセットにくっついてきたマダニくん、まだ動いてたっす(うげ〜)。

上記の状況で刺されたのだとすると、刺されて数時間しか経ってないはず。病気にかかる可能性は低いそうですが…

まだ潜伏期間内。

もし感染していた場合… 噛まれた箇所にまず紅斑が出るらしい。
その症状が出たら、すぐ病院直行。検査してもらって、抗生物質の長〜い長〜い投与措置。

うわぁ、めんどくさい… (涙)。お酒飲めないじゃん(笑)!

この合宿、実は毎年のようにマダニ被害者がいるのですが(苦笑)…
今のところ、発病したのは、1人だけ。

その人は約1ヶ月ぐらい薬の投与があったそうです。

しかも、紅斑が出たのは合宿から帰って2週間程経ってからだそうで…😫

願わくば、何にもありませんように〜!

でも。こんな事があったって、来年も行きますけどね〜〜(笑)。

via PressSync

コメント