DALF C2 試験終了… でまさかの結果

Pocket

こんにちは。

ロンドンにいます。
気持ちの良い朝日に送られて、2日目試験会場に向かったものの、出て来た時には、冷たい小雨が降り注ぎ… 私の気分とシンクロしてます…

結果から申し上げます。

ものすごく不本意なんですが、棄権されてしまいました!!!

2日目。
オーラルの試験、11時からの予定でした。

15分前に来るように試験前の事前要項にあったので、10時45分に会場到着。

カフェテリアに張り出されていた用紙に、B9教室へ行くように書いてあったので、行きました。

そしたら、前の人のレコーディングが聴こえて来たので、「あ、まだ前の人の試験中だわ」と思い、しばらく待っていたのですが… 終わらないので、廊下に出ると

「DALF C2 Salle B3」

(抗議する予定なので、写真撮りました)

とあるので、行きました。

そしたら、そこにいた試験官の人が「前の試験は受けたのか?」と言うので、
「筆記ですか?」と聞きました。
「そうです」と言うので、「はい、昨日受けました」と言うと、私の名前を見て「あなたは11時半の予定だから、まだ早い」って。
私、あれ?11時だと思ったけど、間違えたのかな?… と思い、「じゃあカフェテリアで待ってましょうか?」と言うと、「そうして下さい」という。

そのあと「じゃあ11時半にこのクラスに来ればいいんですね?」って念を押したら「そうだ」と言うので、カフェテリアで待って、11時半にB3クラスへ行きました。

したら、その時になって
「え?レコーディング受けてないの?」
「何?どう言うこと???」
ってなって(怒)。

後で知ったのですが、オーラルの試験は3箇所の教室を移動しながら受けるようです。

最初のB9って書いてあったクラスでレコーディングを聞いて、
B3に移動して準備。
そのあとまた別の教室でオーラルのテスト。

そんなこと知る由も無いし(大体、どこにも書いてなかったし・怒💢)

B3の試験官が待ってろって言うから待ってたんですけど! ってかなり食い下がったのですが…

会場の人はなんとか遅れても受けさせようとしてくれたのですが、最終的に試験官(外部の人だった様子)が時間外労働をしたくなかったようで、却下。

特別に6月の試験に無料で登録してやるから、諦めろって言われました…

ずっと準備してきたから、ものすごく不服だったけど…
フランス人🇫🇷相手にこれ以上ゴネたところで、何も変わらないのは分かってる。お互いの主張も平行線をたどっているだけで、こっちの言い分に言い返す言葉はずーっと同じ。

「何故B9の前で11時まで待ってまかったんだ」

「B3にいた試験官がカフェテリアで待ってって言ったからです」

「でも試験時間は11時なんだから、11時にいるべきだった」

「11時半だって言われたからです」

「でも紙には11時って書いてあったでしょう」

「彼女の見せてくれた紙には11時半って書いてありました。」

「でも試験時間は11時なんだから、11時にいるべきだった」(元に戻る)

だーかーらー!!!

だったら廊下にB3って書くな!
確認せずにカフェテリアで待ってろって言うな!
3教室を移動して行うって明確に書いとけ!

結局、前日に受けた筆記も無効…

なんか今まで準備してきたのは… なんだったんだろうって。

ものすごーーーい脱力感。

今まだちょっと立ち直っていません…

旦那には、筆記でちょっと失敗したのを言ってたので、次は失敗しないでできるじゃんと言われたのですが…

まだポジティブに考える余裕が、正直なところ…

ありません(苦笑)。

あーーー!

悔しい!

抗議のレターあちこちに送ってやる〜

ロンドンのInstitutFrancaisはもちろん、DALFをオーガナイズしてる機関や、フランスの教育省や、考えられるところすべてに抗議してやるから!

って、暗い方に考えてたら、なんか段々落ち込んできたので… ちょっとやめます(笑)。

頭冷やして… イースターを楽しんで、娘のバースデー頑張らねば。

酷い事があっても、人生は続くんですねえ😩😩😩

via PressSync

“DALF C2 試験終了… でまさかの結果” への8件の返信

  1. こんばんは。
    えーーーーーー!!!まさかの!!!記事読んでいて、ムカっとしてしまいました!これは許せない、ありえない。この、わけわからない試験の仕組み、そっちが悪いんだろうって!えーーーーーー!いや、あたしもポジティブに考えられない・・・まだ・・・。こっちは何も悪くないのにっっっ!!!

    1. Mifofo_tonさん、共感してくださって、ありがとうございます・・・(涙)。な~んか、一日目が公式な試験なわりにはゆる~い感じだった(携帯電話とか禁止なのに、荷物の管理をしないとか、試験官の人が翌日の試験のアドバイスしてくれたりとか)ので、私的にもちょっと油断してたのも、あると思います。あ~!でも悔しい・・・

  2. あちゃ~、ほんとにまさかの結果にビックリ。
    残念の一言では済ませられませんね!!!
    次回無料で再試験受けられてもまたモチベーション上げるのもたいへん。
    KOLYRさんがどう対応させていくのかわかりませんが、応援してますからね!

    1. みるりるさん、コメントありがとうございます!いまは全然、モチベーション上がってないです(笑)だだ下がり・・・。ちょっと一ヶ月ぐらい冷却期間おくと思います。もう練習問題集は全部やっちゃったから、他の本買わないといけないし・・・来月、太極拳の合宿があるので、それまではそっちの練習をメインに。フランス語はしばし忘れます(涙)。

  3. こんにちは、記事を拝見してびっくりしてしまいました。
    ひどいですね。
    いくらまた受けられるとはいえ、試験に向けて整えたコンディションとか移動の費用、ストレスなどを考えると怒りが収まらないです。
    同じ時期に受験されていたので、密かにブログ拝見して応援させていただいていましたが、試験監督の対応にはがっかりですね。

    1. くまさん、コメントありがとうございます!!! そうなんです。試験までの(自分にしてはかなりの・笑)ストイックな生活を振り返ってみると…もう一回は無理だな~と(笑)。次、6月はかなり気が抜けて受けることになりそうです。それが良いとでるか、悪いとでるかは、分かりませんが…もう無理~というのが正直な気分です(笑)。くまさんも受験されたのですね~。良い結果を祈っております!

  4. こんにちは。
    以前、人生初コメント(おおげさ)をさせていただいた者です。

    いくらなんでも、腹が立ちます。私も在仏なので、会話などその場の雰囲気がとってもよく想像できます。しかし、「フランス人よくある話」で諦めたくないですよね。せめて、次回は筆記を免除など交渉できればいいのですが。駄目元で。腹が立つ出来事でしたが、これがいい方に働くことを願っています! 

    ちなみに私は仕事にかまけてまだ準備という準備を始めていませんが、6月に受験予定は変わりません。気をとりなおして、しばらく頭をお休みしたら、一緒にがんばりましょう!

    1. Danさん、こんにちは。コメントありがとうございます! 「一緒にがんばろう」と言っていただけるとうれしいです♪ 在仏でお仕事されてるということは、ほぼ似たようなシチュエ-ションですよね。勉強時間を割くの、ホントに大変です。今回は、ぐっと堪えて…6月受験が終わってから、「こんなことがあったんだぞ!」ってあちこちに抗議したほうが良いだろうとの旦那のアドバイスに従おうかと思ってます。試験に影響しては良くないかな~と。確かに。腹立つけど(笑)。次は一緒に受験される方がいるってだけで、ちょっと心強いです!!!一緒にがんばりましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA