デザイナーとアーティスト

車のバッテリーが上がり、先週前半(新しいバッテリーが届く前)は本当に久しぶりの電車通勤でした。

いつもは車で20分程。
電車だと乗換えありで35分ぐらいかな?

でも、何より電車通勤の面白いところは、人間観察〜(笑)。

車通勤って楽だけど… 誰にも会わないんですよね。

以前、旦那にも話して笑ってたんだけど。

私、娘が産まれる前は電車通勤してました。それも片道1時間半と言う長距離。

その割には、常にヒール履いてたなと。

今は車で。歩かなくていいから、もっと楽にヒール履けそうなもんなのに、一切はかなくなっちゃった(笑)。

オシャレも全然気にしなくなりました。

まあ、「お母さん」になって… 自分のオシャレに対する優先順位が大分落ちたっていうのも、あるけど… (笑)

あと、今の職場の勤続年数が長くなって(7年目です)、周りに全然気を使わなくなったのもあると思うけど… ^_^;

車通勤になったって言うのも、若干関係してるんじゃないかな〜と思う。

不特定多数の目に晒される事を、殆ど意識しなくなっちゃった(笑)。毎日、勝手知ったる同僚しか会わないし。

しかも今の職場では、デザイナーとは言え、クライアントの前に出る事も皆無。

ジーンズ&セーターにペタンコブーツが冬の常用になり、ブレザーすら持ってない(笑)。
コートも女らしいのじゃなくて、スキーで着るよな、ガッツリ防寒着(笑)

髪の毛も、ここ数年ひっつめ髪で何もしてない(まだ幸いな事に白髪はきてないw)。

アクセサリーもつけなくなったしなー。

たま〜に。本当にたま〜に、日本人のクライアントさんにお会いする時とか。ちょっとこのアウェイ感… やばいなと思うのですが(笑)、今更すぎて どうしようもない😱😱😱

けどね…

もう、これはこれでいっか!

って、開き直りたい気持ちも、大きい(笑)

私、高村光太郎の「智恵子抄」と言う本が大好きなんですが…

高村光太郎氏の奥様、千恵子さんに捧げた詩集。出会いの頃若い情熱から、彼女が亡くなるまでの人間愛のような愛情まで… 一人の女性に対する敬愛が詰め込まれた、心に響く一冊です。

その中でも一番好きなのが…

あなたはだんだんきれいになる」と言う詩。

女性が装飾をなくして、せっせと芸術活動に勤しむ姿は(彼女は明治時代には珍しい油絵画家でした)、清らかでなによりも美しい

と謳った詩です。

素敵じゃーん(^^)(^^)(^^)

私もこの域に達したいわ(笑)、とか思ったのですが…

デザイナーとアーティストは

微妙に違うな… と(苦笑)。

画家さんとかアーティストの方は、ひたすら自分と自分の作品に向いてストイックに制作している姿が美しい。

デザイナーの場合、クライアントさんありきの部分があって… 自身の能力に加えてコミュニケーション能力もかなり大事なんじゃないかなと思う。

つまり、人と関わる仕事

見た目で判断される事もあると言う意味では、やっぱり身だしなみは必要なんかな…と。

OLみたいに着飾る必要性はないと思うけど(それに今更、無理。絶対出来ない笑)、自分なりのルックス、見つけないといかんな〜。ピンヒールはもう履かないかも知れないけど(笑。おばちゃん、転びそうで怖い)。

いつまでも、このゆるゆる環境に甘えててはダメだわ!

特に今年の目標「今の会社辞めて、フリーになってイギリスで働く」となると… 今以上にもっともっと自分のプレゼンしなきゃいけなくなるって。

妙〜に実感させてくれた(笑)、3日間の電車通勤でした(笑)。

おばちゃんは、おばちゃんらしい、カッコいいルックス探してみますわ〜(笑)。

 

コメント