二重国籍が許されたら

Pocket

… って考える海外在住者は多いと思います。

私は今のところ、フランス国籍もイギリス国籍にも興味ないですが…

でも今後… 親を亡くしたりして、日本にしがらみがなくなったとしたら…?

その時自分がどう思うかは、本当に分からないくらい…
海外生活が長くなってきた & 日本が遠くなってきた… と感じます(笑)。

もしかしたら、イギリスのビザ更新が面倒になって、イギリス国籍とっちゃうかも?

ヨーロッパの他の国で働きたくなって、フランス国籍とっちゃうかも?

日本人としての誇りはあるし、もちろん、何よりも日本が大好きですが😍

これから現実的に、いつか日本に住む事あるだろうか?… と思うと、

うーーーん

としか言えないし…

それなら住んでいる国の国籍を取得した方が何かと住みやすいのかなあと…

まあでも…
最近、長年の付き合いの在仏日本人友人が、ごそっと日本移住してるのを見ると… 絶対帰らないとは言い切れないですけどね〜(笑)。

国籍がアイデンティティを作ってる訳じゃないのは、パリやロンドンみたいな多民族都市に住んでると、実感として感じます。

例えば、アフリカ各国出身のフランス国籍の人は沢山いるし、だからアフリカの文化を捨てたのかって言ったら、全然捨ててないし(笑)。

彼らと話してると、「なんでフランス国籍とんないの?」と逆に不思議がられる位…

そして、何より思うのは、娘のこと。

彼女はすでに二重国籍(英・日)
それに、フランスで産まれているから…11歳になれば、フランス国籍も申請しようと思えば出来る。

(注 : )仏国籍は、親がフランス人でない場合、自動的にもらえるものではないけれど、フランスで産まれた場合、もらう「権利」はある。

娘は日本に住んだ事はないけれど… 自分のオリジンがある国になるんだろうなあ。
将来、日本国籍について、彼女はどう思うんだろうか?
カズオ・イシグロさんのように、いつか放棄する事になるんだろうか?

国籍」って結局のところ…
なんなんだろう?

超・個人的な意見ですが、

「その国に属してます」って事なら
私にとって、日本もフランスもちょうど同じくらい長く住んでいるので、どっちにも属してますよ。

それなら、二重でも三重でもいいんじゃない? って思っちゃう。

外国に長く住んでいれば… その国の文化なり、言葉なり、個々の範囲内にしろ受け入れて生きていく事になります。

二重国籍とかの大変さは個々が許容していけばいい話で、国が禁止する事ではないのでは?と思います。

だって二重国籍の人がいるという事実が国にとって、何のデメリットになるの???

そんな事をつらつら考えたのは、やっぱり、このニュースのせいです。

「外国籍を取得したら日本国籍喪失」は違憲 8人提訴へ

まず、今は海外で生まれる子(というかハーフの子)が100人に一人もの割合になってる事がビックリ。

娘が大きくなる頃には、それ程少数派でもなくなりそうですね。

確かに重国籍を申請した人だけが日本国籍喪失するのなら、はっきり言って廃止すればいいのにと思う。

この訴訟自体は、勝てるかどうか… 私は疑問ですが、こうやって声を上げられた方がいるって事は素晴らしいと思う。

このニュース、朝日の会員なら最後まで読めますが… (あと、ハフィントンでもまとめとして読めます) が、有料記事の最後の方に大事な事が書いてあった!

この原告団の方々、訴訟の提起に合わせ、3月1日付で「国籍法11条改正を求める有志の会」を立ち上げ、ネット(change.org)で署名運動を展開されるそうです。

自分としては、是非見守っていきたい活動だと思ってます。

via PressSync

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA