Registered traveller application のその後

以前、イギリス入国の際にICチップのパスポートで、EU専用レーンの自動改札を通れるようになるアプリケーションを申請したとブログに書きましたが、

Traveller application

その後です。

ネットから申請した10日後ぐらいにメールが届きました。

「申請は受理したから、次に入国審査を通る時に、申請した事を審査官に申し出るように」と。

ちょうど、ロンドンから帰って来たところだったので、次の週。

その時はたまたま、ユーロスターで移動だったので、パリ北駅でした。

窓口に行って、パスポートを渡すと、こちらから言うまでもなく

「あ、eパスポートの申請しましたね〜」と。

パスポートを読む機械に通したら、すでに情報が入ってたみたい。

そのあと、いつもの質問。

なんでそんな頻繁に行くの?みたいな。
家族がいるから と答えると、納得したように下記のハンコを押して、日付を記入。

「次はいつロンドンへ?」

と聞かれたので、ハーフターム前だった為

「2週間後になると思います」

って答えたら

「2週間後なら、もう使えるようになってる筈だけどね〜。新しいサービスだから分かんないけど、試してみてね(笑)」

… と、なんか頼りないお返事(ちなみに有料サービスですよ!)…(笑)

まあ、そう言う訳で、

試してみました。先週。ハーフターム開け初のロンドン入り(笑)。

British Airways で飛んだので、ヒースローの第5ターミナル到着。

なんだか、先週はパリもロンドンも空港混んでた。パリは学校が冬休み期間なので、まあ分かりますが、ロンドンは何で??? ラグビーの国際試合のせい?

入国審査の列はいつもよりも壮絶な感じだったので、迷わず自動改札レーンへ。

こういうのです。

おじさんがレーンの入り口にいて、すかさず

「どこのパスポートですか?」

と聞く。

「日本のですけど、例のアプリケーションしました」

って言うと、

「カードはあるか?」

「???」

カード? そんなもん…申請の説明にも、前回の審査官も何も言ってなかったけど??? あんの?

「な〜〜んにも聞いてないけど。あるの?そんなカード?じゃあどうしてこのハンコ押してくれた時に何も言わないし、何もくれなかったの?」

と言うと、

「郵送してくる筈だけどね」

と自信なさそう(笑)

「はー?どこに?外国に?わざわざ?」

って言ったら、

「いる筈なんだ!じゃあ、試しに通ってみろ。カードがないと通れない筈だ」

と言って、列に入れてくれたのですが…

全然!普通に通れましたよ(笑)。

自動改札はカード読むんじゃねーよ。

ICチップが入ってるのはヨーロピアンのパスポートだけじゃねーんだよ、おっちゃん!!!(バカにすんない!)

ものの5分で入国審査終わり。
判子もないし。やっぱ早いわ。

けど、代償がこれか〜?

新しいサービスに絶対、対応しきれないのは、英仏同じなのね〜…(笑)

これから毎回、自動改札の方へ行くたびに、こんな無知なおっちゃんがいて、こんな押し問答しなきゃいけないのか… ?

そうじゃない事を強く祈ります…

via PressSync

コメント