DALF C2 朝勉の効用

娘のハーフタームも無事終わり…「ママは来ないの〜?」とブウたれながら、おばあちゃんと飛行機に乗ってロンドンへ帰って行きました。

沢山の友達に会って遊んで、怒涛のような一週間でした(笑)。

私が休みではなかったので、何処にも連れて行ってあげれなかったし… 友達もごく近所の子だけ(日本人幼稚園で一緒だった若干遠方の友達には、結局会えず…)
だったけど、楽しかったみたいです。

最後の金曜日は、胃腸炎のような症状で寝込んでしまい…「疲れか…?」と、心配しましたが、一日で完全復帰!

すっかり元気に翌土曜日に帰れました。

さてさて、娘のいる間は何かと忙しく… あまり受験勉強に集中できなかったです(汗)。かと言って、完全にお休みしてしまう程の余裕はないので、せめて朝勉だけでも、と頑張りました。

基本的に、朝5時半起床。
トイレ行ったり、お茶入れたりして 動いて…. 目が覚めた6時から7時〜7時半までが、私の勉強時間です。

コレを年明けから続けてきて、なんとなく習慣になってきました!

ちまちまと進めてる感じですがね〜😓
仕事もあるし、家事もあるし…
中々まとまった時間が取れないのが、アラフォーの現状です(涙)。

でも、朝勉… 何かと合理的だと思ってます。

朝イチなんで、他の予定に左右される事はないです。
早起きさえ出来れば、とりあえず時間は確保できる。
コレが夜だと…「あ!今日は太極拳の授業が」「今日は買い物行っとかないと」「友達と約束が」諸々で… 意外と難しいです。私の場合。

あと、朝なんで 脳みそ疲れてない(笑)。目が覚めれば、シャキーンと例題に入れます。

また、朝から頭使うので、その後会社行ってもスッキリ仕事に入れる。
とりあえずコーヒー1杯飲んで、ボーっとメールチェック… なんて、必要なくなりました(笑)。
席着いた瞬間から、サクッとデザイン始められます(^^)。

割といい事だらけの上に、問題点と言えば…

あんまり夜更かし出来ないぐらい? (翌日に応えるので。歳ですからね〜!ww)

ただね。

この方法で筆記の例題を解いてました。数日かけて1問やる感じで。
が… そろそろ、制限時間を意識して勉強した方が良いと、先生に言われまして…

筆記の制限時間は3時間半。

1日で一気にやろうと思うと… 朝4時に始めないといかーん!

3時半起床?!

それは、ちょっと… 無理(苦笑)。

やっぱ、アフターワークか〜…
週末はロンドンで旦那が溜めまくってる家事をこなし、娘と遊んでやったり、やる事一杯で無理。
まあ、水曜日は時短なので、予定入れないようにして 直帰すれば、何とか… ?

それに、筆記は時間調整が難しいものの、内容自体は少し追いついて来た感じ…

実は昨週の日曜日。
ロンドンへ行かなかったので、初めて時間を測って例題をやってみました。

… が、最後まで出来んかった〜!

150字くらい足りない状況で終了… やっぱ、時間に慣らすのは、絶対‼︎ 必要。

確かに先生の言う通り、これからはちゃんと時間内に収める特訓をしないといけない。
途中で集中力が切れたの、自分でも分かったし(笑)。

やっぱ水曜日だな…

それに、オーラルはまだ何もしてません

そろそろ手をつけなければ… と思っていたので、こっちを朝する事にしようと思います。

オーラルは確か、準備時間が1時間半。

丁度いい感じですね。

それに。
筆記も、先生に添削してもらった後、自分でもう一度ノートに書き直し、間違ったところの反復をしたり、うろ覚えの所を調べ直ししたりしてるので…

それは朝すれば良い。

試験まで、後40日!

きゃー!パニクらない、パニクらない(笑)

via PressSync

コメント