DALF C2 受験対策①

Pocket

昨年のTCFに続いて、今年の目標はDALF C2 の受験です。

試験の傾向

DALFのC2と言うのは、フランス語検定の1級レベルにあたり、この資格には「フランス語の非常に優れた運営能力を持つ」ことが試されます。

試験は2種。

1) 筆記(3時間半)
1500〜2000字程度の記事を3種読み、要求された状況に見合った文体で700字程度のサンテーズ(まとめ?かな)を書く。

2) 口頭(1時間半)
15分の録音を2回聞き、1.内容をまとめる。 2.自分の意見を展開する。 3.試験官との質疑応答。

書いてるだけで恐ろしくなってきた…(笑)。

1)の筆記は、受験者全員同時進行。2)の口頭試験は翌日個別で行われる様子です。

私は個人的な事情でパリではなく、ロンドンのInstitut Français で受験するつもりですが…
それが私にとって有利に働くかは微妙なところ。
おそらくパリの試験官の方が、様々な国の訛りに慣れているのではないかなとは思う。
ロンドンの試験官(フランス人でしょうけど)は英語圏のアクセントには慣れてそうだけど、アジア系はどうかな…

まあC2のレベルになると…あんまり訛ってると、もうそれだけでダメらしいですが(苦笑)。大丈夫かな、おい…

あと、筆記と口頭試験のお題は連携してることが多いらしく…
例えば筆記で「大気汚染」のお題だと、オーラルの録音も話題が「大気汚染」に関するものだったりするそうです。

出願するときにジャンルを、人文科学か、科学かどちらか選べるようです。

どちらかがより難しいという事はないと思いますが… どちらのジャンルにより興味を持てるか?が大事になってくるのでは。
とにかく自分の意見を展開したり、試験官との応答となると…自分にとってどうでもいい話題だと、ちょっと辛そうです(笑)。

私だったら、どっちかって言うと科学かなぁ。
ロボットとかAIとかの方が、教育とか社会的現象よりは興味あるかも…

受験体験談とか、日本語でないだろうか?とググってみました。… が、(このレベルは受験する人が珍しいのか) ヒットするのは、わずか5人ほど…
大体皆さん、筆記は時間が足りない。口頭は日本人が苦手気味な押し押しでいかないとダメ、と。
ひーん、超苦手!そういうのは… 😨

試験の対策

まあ、やると決めたからにはやる!

でもとりあえず、練習問題をやるにも… 長文の作成なんで、添削も難しい。
口頭試験の方だって、聞いてくれる相手が必要…
自習は無理というのは明白なので、友人の旦那さんがフランス語の先生(主に外国人向け)をしているので、無理を言って私の為に時間を作ってもらうことに。
他の生徒さんでB2、C1、C2の試験準備をした事ありとの事で、頼もしい!

実際、筆記の練習問題に一人で取り組んでみたところ…
正直、どこから手をつけていいか分からないくらいだった。

質問や、題材の文章が分からないんじゃない。理解はできる。

でも3つの、テーマは同じでも異なる記事を(サンテーズ)まとめて、(その練習問題では) 雑誌に投稿するような記事を書けという出題は、相当な国語能力がいるのでは?と思う。
私は日本語でもそんな国語能力高くないよー(涙)。

ただ自分の場合、もう20年以上フランスに住んでいることもあり…
本や新聞雑誌等フランス語を読むことに関しては慣れている。
もう、頭の中で日本語に訳す事もほとんどしてない(と思う)。

だからもうそのまま… たいして高くもない(笑)日本語の国語能力に頼らないで、フランス語の国語能力を上げていくしかない。その方が時短になるし。

どっちにしろ、この「サンテーズ(まとめ)」という考え方はとてもフランス的だと思う。
異なる題材の中から共通点を見つけ、相違点を見つけ、順序だてて展開していく。

こういう文章の考え方。ある程度起承転結が型として出来ていて、そのメソッドをフランスの高校生なんかは学校で叩き込まれるんだと、先生も言ってた。

私の場合 言葉は理解できても、そこのメソッドの部分が完全に抜けているので、どこから手をつけていいのやら… さっぱりお手上げだった。日本でこんな文章分析なんて高校でもしないよね。小論文とかはあった気がするけど…

先生がまず指導してくれたのは、簡単なまとめ方。

まず、読まなければいけない文章の行数に番号をうつ。どうでもいい作業のように見えて、これが役に立つ!

次に読み進めながら、重要だと思う部分をピックアップしていくが、どこから拾ったか(何行目って)ちゃんと記しておく。こうすると、あとでどこに書いてあったっけ?と迷わなくなる(時短!)。

簡単な事だけど、これをすると、頭の中がスッキリする。
何回か読み返して、要点の部分、まとめに入ってる部分…と書き出していくと、それぞれの記事の言いたいことがわかってきた。
そうすると、1、2、3とある記事を整理して書いていくには、2、1、3の順でまとめていけばいいというのが、分かった。

あとは記事にある文章をコピーしないように、自分の言葉で置き換えて書いていくのですが…

ボキャブラリーが、かなりいる…
この作業を試験のストレスと緊張の中でするのか…と思うと気が遠くなるけど。

700字の文章(具体的に言うと、冒頭の写真のノートの文章、3ページ分です…)を書くなんて初めてです。
普段だと仕事で使ったり、学校関連の手紙とかでも、せいぜい1ページだもん。

これが初めての練習問題でしたが、がっつり1週間かかりました 😅

今日これから先生 に添削してもらうのですが…

全然、自信ない…(涙)。

もう、書くのに必死で… 内容まで心を砕く余裕が…

受験は3月末なので… それまで勉強漬けで頑張るしかないか。間に合うのか?!

今年の目標に、「毎朝1時間勉強する」と掲げました。
今のところ、この1時間はDALF試験勉強に当てています。

「何曜日の夜は勉強」って決めても、夜って意外と予定が入ったりします。遊びに行くだけじゃなくても、知り合いの用事があったり…

その点、朝は早起き出来れば、用事が入る事はないし。
1時間って短いけど週5日出来れば、5時間。
チリも積もれば…です。

そんな事情でブログの更新が滞るかも知れませんが… 勉強に時間取られるだろうし、書くネタもDALFばっかりになる可能性も…(笑)

でも… 3月末まで集中力の続く限り、頑張っていきたいと思います!

via PressSync

“DALF C2 受験対策①” への2件の返信

  1. こんにちは。はじめまして。

    6月にパリでC2を受験予定です。ダメ元で日本語で検索していて、こちらにたどり着きました。C1に受かった時は、サンテーズが大嫌いで大の苦手で、もう二度とこんな試験は受験したくないと思いましたが、C2もまたサンテーズなんですよね。

    ブログなどネット上に「書き込み」ということをするのが人生初なのですが、思わずコメントを残したくなってしまいました。これからも訪問させていただけたらと思っています!そして何よりも、合格をお祈りしております^^

    1. Danさん、こんにちは。

      人生初のコメントが私のブログなんて恐縮です(笑)。
      ありがとうございます^^

      DanさんはC1に合格してらっしゃるんですね!すごい!
      私もきちんと順序を踏むべきだったか・・・と若干、後悔中です(^^;)
      TCFではC1と出たので、ちょっと勉強すればC2でいけるだろ、と読んだのですが・・・TCFとDALFは全然!違いますね~(笑)。

      まあ、ここまで来たら、やるだけです!

      Danさんも6月受験ということは、もう受験対策中ですか?
      お互いがんばりましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA