2017年を振り返って(かなり愚痴も)

Pocket

(椰子の木とクリスマスマーケットの看板が、なんともちぐはぐ)

短い南仏のクリスマス休暇から、パリへ一人で戻ってきました。
25日(クリスマス)の夜…
フランスはボクシングデーないです。26日から通常営業。

今週いっぱいはお仕事。
来週 大晦日から1月最初の週は義理家族みんなでスキー旅行…

… 本音を言えば、私にとっては今週のが休み易かった…
フランスの正月はあっさりしてるので、みんな2日から営業(しかも、うちは2月頭に多くの案件抱えてるので。、2日からフル営業)。クリスマスとお正月の間は休む人が多いので、その方が勤め人としては取りやすいっていうのもある。
でも義理妹ちゃん(自営業)が、今年のクリスマスは奥さんの実家で過ごす予定だったので、クリスマスの週は嫌だ!という事で、正月の週に決定…

まあね。この旅行… ぶっちゃけ義理両親が全て費用を負担してくれる、お大臣旅行です。

私が文句いう筋合いではないのは分かってます。… 嫌なら来るなって言われるのがオチだし。

もう10年来、こうなので慣れましたが… 基本的に義理家族との旅行って、私はおまけ。人数にかろうじて入れてはくれるものの、私の希望も都合も聞かれた事は一度もない(苦笑…でも、まあこれは義理妹ちゃんのお嫁さんも同じ問題を抱えているらしく… 要するに自分たち以外はどうでもいいみたい)。

娘の事思えば、私達だけでは(予算の都合で)体験させてあげられない事をしてあげれるので、有難いとは思ってます。

でもね…

毎年あらかさまなこの疎外感、やっぱり正直言えば少し不愉快です。

たとえ考慮するつもりはなくとも(笑)ブッキングする前に一言「このスケジュールになるけどあなたの都合は大丈夫?」って、言えないのかなぁ?
会社勤めしてるの、私だけなんですけど…
一番、休みが取りにくい人に 一言声かけるって、そんなに考えつかない事かしら?

実は昨日も。

このスキー旅行があるので、クリスマスはカレンダー通り週末だけ休んだ私。移動大変だけど、娘も義理両親も喜ぶだろうと南仏まで飛行機取って… 25日の夜遅くにまた一人でパリに戻り、翌日から仕事再開してました。

クリスマスの週末に、今話題の「スターウオーズ」観れるかなと探したのですが、あいにく義理両親の住む南仏の田舎街の映画館ではフランス語吹き替えしかやっていない。
その話を義理両親にしました。娘と観たかったけどね、来年ロンドンに帰ってからかな〜って。

そしたら、昨日旦那が電話で これからニースまで行って「スターウオーズ」観るんだって。お義母さんの提案らしい。

オイ、私は?(怒)

完全無視してるやん。てか、旦那も(激怒)?

流石に腹たって、「私のアイデアだったし、私も観たかったよ!娘と!」
「そこで観たらもう一緒に観る事ないよね。よくそう言う仕打ち、私に出来るね。(誰のせいでパリの仕事辞めれないと思ってんの?)」
「自分がやられたらって思った?絶対あなた怒るよ」
って言ってやった。
図星だった(自分がやられたらっての)らしく、イラついて電話切っちゃったけどね(常套手段)。
結局、最後は仕事に縛られてる私が悪いって事になっちゃう…

なんか、この家族といると… 真面目に仕事してるのがホント馬鹿らしくなる。

旦那がよく嫌そうに「イギリスは階級社会」って言うけど… あんた達からそれを一番感じるよ。
まあ、階級で差別してんのか、家族と数えてないから差別してんのか?どっちにしろ、同等にみてないのは明白

デザイナーなんて、有名でもない限り… 単なる技術屋&安月給の会社縛られ低所得労働者です。
完全になめられてるんでしょうね…私

しかし、そういう見方でしか人と接せないならホントに残念… と言ってやりたいわ。

娘にはこの感覚伝わって欲しくないなって切望します。
尊くない労働なんてない」んだよって。

イギリスでは無理なんですかね。

ああ… しょっぱなから、かなり愚痴吐いてしまいました。すいません…

さてさて。私の2017年は…

振り返ってみると
当然と言えば当然… イギリス移住に振り回された年だった。

「移住」… 出来てないけど(笑)

私的には、正直 「準備の順番」が違うんじゃないの?と、謎だったが(沢山の友人や、私の家族からも同じ指摘をされたw)…

まず、1月〜6月 家探し(ボート探し) → 7月 学校探し → 9月〜年末 旦那の仕事探し& 私単身赴任状態パリ−ロンドン往復 って感じで進んだ。

時期的にも、年度始めの方が 仕事探しやすいんじゃ?と、私的には思っていたのですが… 「家探しと並行して探すのは無理!」と却下され、今のこの状況…
(家探しの前に?ってちょっと言ってみたけどね… その方が効率いいんじゃと思って。でも、彼は家探してから仕事って固執してた)

まあ、落ち着かないのに仕事探すのって確かに大変です。それは、すごくよく分かるよ。でも、前半期の方が娘がいなかっただけ、探しやすかったのでは?と思うのですが… 今更言っても仕様がないけどね。
今の状況だと、旦那仕事が見つかっても私助けに行けない(滞在許可証が出てないので長期滞在出来ない)という結構負のスパイラル

旦那は義理両親の助けを視野に入れて探してるみたいだけど、私はモヤモヤします。

義理母に長いこと娘の面倒見てもらうのも抵抗あるし(しかもボートに同居してでって事でしょう!?)
もう40超えた夫婦が、そこまで高齢の義理両親の世話になるのも… ものすごく嫌です。

これだって、結局… 文句を言えば、(パリの)仕事をやめない私のせいにされてしまう。

論点は私の「仕事」ではなく、旦那のない「仕事」のせいで私の滞在許可証が下りない、って事なんですが…(;´д`)

それすら… 私がロンドンで仕事を探す努力をしてないせいって言われてるし。

あ。またなんか愚痴っぽくなってきた(笑)。やめようやめよう(笑)

とにかく、移住の件で 私が出来る範囲の事は、色々勉強して頑張った年だったと思う。娘の学校探しや、移住に必要な英語テストも受けたし(このまま待ってたら200€もした資格の期限きれちゃったりして…)。仕事だって、ビザなくても就職できるかと、随分調べた。

結果的に家族バラバラで暮らすという、淋しい状況になってしまっているけど…

来年こそは、良い環境にうつれる事を願って益々私に出来る事を邁進したい。

残り少なくなった2017年。年越しは、標高3000m の山合のスキー場です。

スキーに興味は全くありませんが(笑)、絶景を楽しんで来たいと思います。

皆さまも良いお年をお迎えください。
来年もよろしくお願いします。

via PressSync

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA