ボージョレー・ヴィラージュをヴィラージュ・デ・テルヌで

Pocket

毎年、11月の第3木曜日は、ボージョレー ヌーボーの解禁される日。

日本ではとても有名だと思います。
こちら、現地では… ?
当日の朝、通勤の車でずーっとラジオのニュース聞いていましたが… ボージョレーのボの字すら聞かないまま、会社到着(笑)。

まあ、でも毎年そんなもんです。
フランスではそれ程ニュースにならないし… なんかランチ食べに行ったら、ポスター貼ってあるから、じゃあ試してみよっか?ぐらいな ゆるさです。

私はこの日、こちらに長く住む日本人の友人達と会う約束があったので、じゃあ日本人らしくボージョレーヌーボーを楽しみましょう!(笑) と、友人お勧めのビストロへ。

このビストロ、ヴィラージュ・デ・テルヌは… もう、ホントーにベタなフランスのビストロ🇫🇷といった感じの佇まいです。
地元の人しか来なそうな… タバコの販売コーナーとかあるし…
食事とか、特に美味しくなさそうな(笑)ビストロです。
外観は。

Au village des Ternes

http://m.auvillagedesternes.com/

友人が、ちょうど木曜日はオマール海老と前菜のセットメニュー35€がある日なんで、それにしよう(要予約)! それと じゃあ、ボージョレーしましょう!と決定

すべて任せっきりで(笑)、仕事の後、現場に向かった私。

ビストロ、中に入ってみると、狭いけど居心地いい感じ。こういうところでありがちな、隣席と超近距離ってこともなく、周りをあんまり気にせず話せるような間隔。

まずびっくりしたのは、ワインリスト

普通のビストロは、こんなにありません(笑)。

遅れてくる一人を待っている間、ボージョレーヌーボーを飲み始めたのですが、おつまみ代わりに、葡萄を出してくれました。
中々、通だな〜と。ワインの味をしっかりと楽しめってことで。

前菜はチーズ入りのソーセージとサラダ

かなりなボリューム!
普通、こういったサラダってソーセージの薄切りが乗ってる感じなんですが、一本、どーんときました(笑)。

この前菜を食べてる間に、隣に初老のフランス人男性が一人で来て。
彼はボージョレー特別メニュー食べてましたが、私たちに話しかけてきました。
大学の先生だそうで、日本の上智大学に教えに行ったこともあるとか!実は有名な教授さんだったのかもしれません(笑)
家はマルセイユで、パリに教えに来てるそうです。
このビストロがパリでの行きつけの場所。
ささっと食べて、ボジョレー一杯飲んで、帰って行かれました。

メインのオマール海老も

どーんと、1匹ずつ!

最初、オマール海老にボージョレーは合わないんじゃないかな?と思ってたんですが… 濃いめの味付けで、結構こってりソースがついていたので、思ったよりぴったりでした^ ^。

すっかりお腹一杯になったけど、甘いものは別腹と、デザートをみんなでシェア

リモンチェッロのババ、初めて食べた〜。
普通はラム酒につけてあるお菓子。

このデザート食べ始めた頃に新たなグループが隣の席に来て、また話しかけてきた(笑)

日本にいきたーい🇯🇵と無邪気なモロッコ出身の女性と、なぜか私達を東京出身だと確信していた中国人ハーフの男性。

なんだかこのビストロ、古き良き時代のビストロって感じで、常連客は、話しかけてくるし、料理は安価でボリューミー、そして丁寧に考えてあって美味しい。なんと居心地いいんでしょう!

もう、リピートは決定です(笑)。
今度は旦那を連れて来てあげたいな〜。

最後に今年のボージョレーですが。

おそらく、このビストロのセレクトが良かったんだと思いますが…
いつものような刺激味なく、若い味だけど、落ち着いたいいお味〜。
ボージョレーらしくない(w)、飲みやすいワインでした🍷🍷🍷

via PressSync

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA