10年ぶりの再会とモロッコ料理

私がフランスで2番目に入った会社(2002年入社)が、まあ~ブラックな会社でしたが(笑)、何故か友達は沢山出来ました。

会社のあった場所が、バスティ―ユ広場に程近い、サンマルタン運河とセ―ヌ川のちょうと分岐点。大きな地上階のフロア―に同じようなイベント系の会社が3社ほど入っていたところでした。

しかも、別会社でも同世代のデザイナ―やプロジェクト・マネ-ジャ―が数人いて、必然的にみんなで仲良くなりました。

うちの社長もクソみたいだったけど(笑)・・・他の会社も、大会社の出向先みたいに扱われ、デザイナ―だけでほったらかしにされてたり、無責任な夜逃げ社長に借金と共に残され、うちのクソ社長に買収されちゃった会社とか・・・ちょっとしたドラマになりそ~なシチュエーションの中(笑)、某電○のように夜通し仕事して、一緒にいたり、色々あったせいか、我々の絆は深く・・・(笑)。

今は誰もその事務所に残っている人はいませんが(笑・当然か・・・)、定期的に集まって飲んだりしています。

でもその中にも、辞めて地方に行っちゃった友達もいたりして。疎遠になってた友人もいました。

フランス人、大抵は「パリ」嫌いです。

地方の方が、暮らしが豊かだと考えている人が多く、ただパリは仕事があるから住んでいるという感じ。もし、仕事の可能性があればパリを出てしまう人は多い。

その友人もそんな感じで南仏へ旅立っていった一人・・・。

そんな中で、私の職場のごく近くで働いている、比較的よく会う友達と近いうち会う約束をしていて。ついでに、というかフリ―ランスになった男子2人も誘おうよ~と連絡したら、なんとその南仏に行ってしまった友人がパリにカムバックしていると言う情報が入り!

10年ぶりぐらいの全員集合となりました。

超久しぶりに会った友人は、10年と言う長い月日を感じるような(髭が白くなってたwww)、でも話してるとあの頃と変わらないような・・・

あっという間に過ぎてしまった楽しい時間でした。

南仏から戻ってきた(仕事がなくて)とはいえ、やっぱりパリより、地方の方がいい!と向こうに戻る道を模索している様子。

またしばらく会えなくなるかも?ですが、パリ滞在中はもう少し頻繁に会えたらね~と思います。

さてさて、皆と会ったのは そのブラック会社のオフィスに程近い、やっぱりバスティ―ユ界隈のモロッコ料理のレストラン。

大きな通りから少し奥まったところにあるレストランですが、凄くお勧めです!

La Monsouria

11 rue Faidherbe 75011 Paris

元々、モロッコはフランスの植民地だったせいか、パリもモロッコ人多いし、レストランも沢山あります。代表的なお料理のクスクスやタジンも学校の給食で出る位、フランスではポピュラ―なものだし。

パリにあるアラブ系のカフェは、金曜日がクスクスデ―のところが多いです。ランチにクスクスが出る。この仲間たちともよく金曜日にクスクス食べてました(笑)。ボリュ―ムあるので、午後は仕事になりませんが・・・(汗)

このレストランはカフェランチよりもずっとゴ―ジャス!

前菜も、いろんな野菜の小皿を出してくれて。それぞれスパイスが違って、何とも美味しい!にんじんとか、ヒヨコマメとか茄子とかピ―マンなんですが、日本人が思いつかないような味付けで新鮮。

その後のクスクスも野菜ゴロゴロ(ホント大きく切ってある)のス-プに、ほろほろに煮込んであるお肉(鳥・羊・肉団子の中から選べる)、アリッサと呼ばれるス―プに入れる香辛料はもう、文字通り飛び上がるほど辛かったけど、辛いの大好きなので、たまりませんでした!!!

最後はあま~いミントティ―とアラブ系のお菓子。

もう、これ以上食べれない!と言うほど食べたけど。野菜が中心だったせいか、あんまり重くなかった。

インテリアも素敵だし、大きめのレストランなので大人数でも安心。

もし、パリで北アフリカのお料理食べたくなったら、おすすめで~す。

 

 

コメント