ブライトンで結婚式

Pocket

(海辺で石投げに興じる娘・・・)

この夏・最後のイベントが、義理妹ちゃんの結婚式でした。

夏、と言っても9月1日の金曜日。

夏休み最後の週末だったので、木曜日にパリを発ち、娘はそのままイギリスに残る予定でした(娘だけ、片道切符~~)。

法事で日本へ2週間だけ帰国して、返ってきてすぐの金曜日だったので、結局一週間、仕事に追われて感慨に浸る間もなく週がすぎ、バタバタと出発しました。

まあ、感慨といっても・・・日本から行くのとは違って、一旦出たからと言って、電車で2時間半ぐらいの距離ですからね(笑)。週末に帰ってこれる距離。

さて、結婚式は金曜日の15時から、ということなので。ロンドンからお昼過ぎのブライトン行きの列車で出発。

ちなみに私、イギリスの結婚式は初めてでした。

フランスでは何度も参加したことあるので、似たようなものだろうな~と思っていました。

招待状頂いた時、旦那に「とりあえず、ホテル取らなきゃね~」というと、「何で?電車は12時過ぎまであるから、帰ろうと思えば、帰れるよ」と言うのです。

フランス式の結婚式を想定していた私は・・・「何言ってんの?12時なんてまだデザ-トも終わってないよ。食事の途中で帰ったら、失礼じゃん!」

フランス式の結婚式って、イギリスと同じく15時くらいに始まることが多いんですが・・・

教会や市役所でいわゆる「式」をした後(1時間ぐらい)、食前酒の立食パ-ティがまずあり、その後21時くらいからテ-ブルについての正式なお食事が始まります。

この流れは、予算とか地域とか関係なく、ほぼ皆同じです。

結婚式=食べる!飲む!・・・みたいな(笑)。そこ、凄く重要みたいで。フランス人にとっては。

散々、食前酒飲んで、カナッペ食べた後・・・テ-ブルついてフルコースのお食事・・・。

前菜+メインのお魚+メインのお肉、と続いて。小さいレモンシャ-ベットにお酒をかけたものでお腹を落ち着かせ(ノルマンディでは「ノルマンの穴」と呼んでる笑)、チ-ズ+デザート、と続きます。

はっきり言って通常の3食分ぐらい、一気に食べる感じ。

もう、死ぬ~~~~って頃に(大抵夜中の1時~2時ごろ)、ディスコ系の音楽がかかり始め、よっぱらったおじいちゃん、おばあちゃん達も陽気に踊りだします(笑)。そっから、親族も友達もみ~んな朝まで。ウエディングケ-キの残りを食べたり、オニオンス-プが回ってきたり・・・(まだ食べんのかって感じですが)、結構なお年よりも空が白むまで残っていたりします。

なので、旦那が「それに僕たちは親族側だから、そんなに遅くまではいないよ」とも言ったのが、いまいちよく分かりませんでした(笑)。

でも、よく考えたら、こういった気遣いは日本に近いかも?

最終的には、どうせ週末だし・・・ホテル取ったほうがゆっくり出来るということで、一晩ブライトンに泊まりましたが。

義理妹ちゃんたちの結婚式は海に面したBandstandというちいさなパゴッド形式の建物で、ありました。

これも、フランスだったらありえない話。式は(宗教的なのでない限り)必ず市役所の結婚式用のホ-ルで行われます。こんな、好きなとこに出張してくれるサ-ビス、ないわ~。

とってもいいお天気で、ホントに素敵な結婚式でした。

式も、とってもリラックスな感じで、終始笑っていた市の方。フランスだと、結婚に関連する法律を読み上げて(財産分与、子の親権、その他諸々)同意の表示をさせますが、そんなのも無かったような・・・(英語が怪しいので、曖昧ですが)

何より、きれいな空と海!

そして、幸せに包まれた彼女たち(女性x女性の結婚でしたので)。

私たちよりもず~~っと長い間一緒の、彼女たちの突然の結婚の決意が何によるものかは、分からないけれど・・・ホントに幸せそうでした。

その後、ブライトン名物という360°タワ-(?)に皆で乗るというので、高所恐怖症の私はヒ~~~!だったのですが・・・なんとか。すんげ~たかくまで上がるんで、ホント何が楽しい~~?!って感じだったんですが、皆さん楽しかったようです・・・(笑)。

その後、パブへ。

最初に飲み物が出て、後はみんな好きな物をバ-で注文するという感じ。

こじゃれたスナックが次々と出てきて、妹ちゃんたちが自分で作ったというウエデイングケ-キのケーキカットが終わった後は音楽がかかって、みんな踊りだす~(ここからはフランスと同じかw)

でも、フランスよりも早い時間にダンスタイム始まったけど、親族の方は確かにそこから少しずつ退出していったような・・・。私たちも娘が疲れてしまったので、早々にホテルに戻りました。妹ちゃんたちは結構遅くまで、お友達と盛り上がっていたようです。

フランスの結婚式よりは随分とライトな、でも負担の少ない(ホント、フランス式は翌日どっと疲れます・・・)結婚式でとてもよかった~♪

翌日、ちょっとブライトンを散歩する余裕まであったしね。

海辺のホント、素敵な町でした。また行きたいな~。

フランスの海辺の町とはまたちょっと違う。正当な「観光地」という印象。建物も繊細でかわいくて・・・

ロンドンからさほど遠くないので(電車で1時間ほどでした)、今度は観光に行って見たいです!!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA