ロンドンに移住したい-ビザ編

Pocket

海外に住むとき、一番頭が痛いのがやっぱりビザの問題でしょう。

私たちのような国際カップルだと、どこへ動くにしろ誰かのビザが問題になってくる。ロンドンへ動く場合は、この私です。

私はフランスに住んで長いので、ここでは永住ビザに近い「10年ビザ」と呼ばれている滞在許可証を持っている。すでに一回更新しているので、あと一回更新すれば、パ-マネントレジダンスになり、永住ビザのようなものになるらしい。

でも、これを持っているからと言ってEUの人達と同じように自由にEU内の移動が出来る訳ではない。イギリスへ行くからには、今度はイギリスの滞在許可証をまた一から申請しなおさなければいけない。ああ、なんてめんどくさい・・・。

イギリス人の旦那と娘に帯同という形で申請する予定ですが、イギリスの移民法って厳しい・・・。外国人のパ-トナ-を入国させるときってそのイギリス人が自分の収入を証明しなければいけないんです。ようは、生活保護を目的に入ってくる移民を制限使用と言う目的なんでしょうけど・・・

今、うちの旦那さんはイギリス国内では収入ありません。自分で会社を立ててけど、それはフランスでの話。イギリスで通用するのか?(無理っぽいよな~)

フランスでも、親類家族呼び寄せでそういった収入制限や居住地の広さ等を聞かれることがあるとは聞いたことありましたが、奥さんとか子供の呼び寄せの場合はそんな制限ありません。

どうするか~・・・と色々調べていたら、私たちにも適用できそうなシステムが!

Surinder Singh 法と呼ばれている、EUの法律に適応させた例外措置的なものみたいです。本来、EU国の人が外国人の奥さんなり、旦那さんなりを一緒に入国させる時に申請するビザで、EU法はイギリスほど厳しくない。その措置を例外的に3年以上EU国に住んでいたイギリス人と、そのパ-トナ-にも適応できると言うもの。これだと、収入制限がなくとりあえず6ヶ月ビザがでる(しかも働ける!)

これだ~と思いました。

・・・が、よく見てみると結婚しているか、市民パ-トナ-シップを結んでいる人のみと・・・(ち~~ん)

*  と言うか、これ最初に見たときは、ただのパ-トナ-でもOKだったようなのですが、つい最近変更された模様・・・

うちは、結婚もしていなければパクス(フランスの民事連帯契約。同姓カップルの結婚かわりのようなもの)もしていないし。申請できないか~~・・・。

そりゃ、もったいない!とりあえずパクスするか?と調べてみたけど、パクスをすると各種税金を一緒にパリで申請せねばならず・・・今年はロンドンで申請したい旦那さんの都合に合わない・・・

じゃあ、ロンドンで市民パ-トナ-シップを結んでからパリに戻ってSurinder Singhを申請するか?と検討中。でもそれをするには、まずビジタ-ビザを申請しなければいけないみたい。パスポ-トで6ヶ月滞在できる・・・と言うのは建前で、実際イギリスの入国審査は厳しく、観光でそんなに長いこと置いてくれないらしい(まあ、観光にしては長いよねwww)。

正直、???ばっかりで・・・私たちの状況にぴったり当てはまりそうな申請方法がないのです。

とりあえず目標は6月にビジタ-ビザの申請。それからどう動くか考えよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA