フランスの飯はうまいのか?

Pocket

ロンドンと比較してみます。

結論としては、やっぱりおいしいと思います(笑)。

フランスのすごいところは、ちょっとその辺の、ひなびたビストロに入っても、そこそこおいしいお料理が出てきちゃう所だと思います。何もたか~い星付レストラン行かなくても、おいしいフランス料理はそこここで食べられます。

それでも、最近外食が高くなったな~と、思いますが・・・それこそ12~15€程度でメニュ-(前菜+メイン+デザ-ト)の、いわゆる食堂っぽいレストランでもお料理が丁寧に作ってあって、それなりにおいしいレストランとかって、探せばいっぱいあります。

フランスの底力は、安い系でも外れない平均レベルの高さだと思います。ちょっと大阪みたいな(そういえばパリって大阪人おおいよね)おいしくないと安くてもすたれる・・・みたいな(笑)。食い倒れか、フランス人。

でも。ス-パ-のお惣菜系はそんなにおいしくないと思うんですけど・・・。サラダとかピザとかもいまいちで・・・。そんなもの買うくらいだったらパテとかハムとかチ-ズとか買って、パン屋でバゲット買って食べるシンプルな食事を、こちらの人は好みます。ワインがあればもう最高!

レストランのデザ-トも必ずチョコレ-ト系・果物使った系・アイス類、とバラエティに富んでいるのがありがたいです。ロンドンで入ったお店は重たそうなチョコレ-トケ-キか、重たそうなスパイシ-ケ-キか、これまた重たそうなキャラメルソ-スケーキか・・・(苦笑)。どれも食べれなかったの覚えてます(大きなピザでおなかいっぱいだったのよ~)。

朝マルシェの様々なスタンドも、おいしいものがいっぱいあって開発が楽しい場所です。

肉屋さんで焼くだけにしてあるポ-ピエットとかロチを買ってもいいし。鳥の丸焼きなんて、中にレモンとか、ひき肉とかがファルシしてあったりして面白いし。魚屋さんで貝類やえびを買ってアペロしちゃったり(もちろんマヨネ-ズは自作で)・・・

シンプルにおいしいものが多いというのは、やっぱりフランスの飯はうまいんだよね~と思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA