子育てのことなど

イギリス人の旦那さんとは知り合ってすでに10数年・・・。フランスのカップルの大半と同じく結婚はしていませんが、私たちの間には7歳になる娘がいます。

彼はイギリス人両親のもとイギリスでうまれた生粋のイギリス人なのですが、両親の仕事の関係で幼少時の大部分をフランスで育っています。小・中・高すべてフランスの(インタ-ナショナルスク-ルですが)教育受けてます。

でも、フランス人とのビジネスはど~しても合わないらしく、知り合った頃からずっとオランダの企業で働いていました。一時期、フランス人の友人と会社を建てたこともあったのですが・・・最悪と呼べる形で崩壊。以来、フランスでは探そうともせず、毎週電車に乗ってチュ-リップの国へ(笑)。半分リモ-トワ-クだったのもありますが、やっぱり・・・ヨ-ロッパの国って国境があいまいだなあと思います。フランスに住みながら、イギリスの会社から派遣され、オランダの企業の元へ出向という・・・「ヨ-ロッパ共同体」の正しい使用例みたいな働き方(笑)。

 

まあ、そんなこんなで週の間は私一人のことが多いのです。

2人だけのときはそれでも良かったのですが、子供が生まれてからは、時間のやりくりが結構大変。

それでも仕事を辞めるという選択はなかった。

フランスの女性は子供が小さいときに休職することはあっても辞めてしまう人はほとんどいません。定年まで働く気満々の人ばっかり。何ででしょう???

でも、よく言われてますがフランス人にとって母でいる時間がすべてになってはいけないというのは本当にありますね。

「子供」って大切なものだけど(実際、みんなたくさん産んでるし!)、人生の一部としてしか捉えていない。

自分をもっともっと大事にしています。お仕事も、そこで得られる満足感だったり、人間関係だったりを子供のために犠牲にしません。

それができるのは、やっぱり、ある程度社会の理解がある(定時で帰らなければいけなかったり、不慮の事態で会社を抜ける事にたいして概ね寛容です)のもあると思いますが。

私も、シッタ-さんも時々つかいますが、基本的には一人でこなしています。

学校は8時半から、学童もいれて18時半まで。子供にとっては長い一日ですが、母である私にとっては自分の就業時間から前後30分づつ余裕があるだけ・・・かなりタイトです。会社が学校から近いので何とかなっていますが・・・。

あわてて帰って、すぐ夕食の準備・宿題・ピアノの練習・日本語・お風呂入れてやっと就寝。私の自由時間は後片付けすまして22時以降~という感じですか。

これが・・・正直、結構つらいんです。毎日だと。

そういうのも、ロンドンに移住したい理由のひとつだったりします。旦那さんはフランスで仕事見つける気はないんだから、私たちが動かない限り、これが続くんだな~と・・・

父親がいるのに、いつも不在というのも良くない。

メリット・デメリットは当然あるとは思いますが、家族全員で住めるところを探そうという結論に。

 

でもでも!うちの旦那さん・・・フランス人男性はよく家事をするなどとよくいろんな記事で目にしますが・・・ま~ったく手をだしません(笑)。私がいない時はそれなりにしているようですが(まあ、ミニマルにw)、子供のフランス語の宿題すら(それは家事じゃないか)頼まないと見てくれません。自分のほうがよっぽどフランス語できるくせに~!

まあ、そういう風に私がしてしまったというのもある。普段一人なので、ぶっちゃけ一人でまわして行けるし・・・つい、その方が早く済むから頼まないで一人でやってしまう(笑)。

ロンドンに移住できたら、もう少し協力してもらおうと思っています。

だって、私・・・英語の勉強もしないといけないし!

ロンドンでもなるべく早く働きたい。その辺のお話はまた今度お付き合いください。

コメント